SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年冬号(vol.23)
特集「Social merges with OMO~垣根なきコマースを実現する発想とテクノロジー~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECトレンドレポート

この動きは数年続く 2016年がEC業界の転換点となった3つの変化とは

 モールを中心にECコンサルを行ういつも.社が、その月のトレンドニュースをお届けします。今回は、早いもので残すところあと2ヶ月となった、2016年のEC業界を振り返ります。

2016年がECの転換点となる、3つの変化

 2016年も残すところ2ヶ月程になってきましたが、当社としてEC市場がさらなる成長に向かう過程で「転換点」だったと言えそうな1年と捉えています。

 なぜ転換点と言えるのか。その理由を挙げるとしたら、下記3つの変化があったからだと考えています。

  1. 多チャネル戦略が加速
  2. メーカー系企業の新規参入
  3. 格差が鮮明になり始める

 それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.多チャネル戦略が加速

 EC業界新聞等で毎年発表される「日本のEC売上高ランキング」から読み取ると、ECでは年商10億円でおよそ上位300位に入ります。当社の集計では、その上位企業の多くは自社ECサイトを開設していますが、楽天市場、Yahoo!ショッピング、Amazon、DeNAショッピング、ポンパレモール、Qoo10といったモール系に1店舗でも出店している企業の割合が、70%を超えてきています。昨年は約65%でしたので、モール活用企業が増えている状況です。

 これは、当社が予想していたものとは反対の現象となっています。EC売上上位の企業は自社ECサイトを中心に実店舗連携も目指す「オムニチャネル戦略」の加速で、モール系の活用は減っていくと想定していました。しかし、上位100社に入る年商60億円企業でも、モールに新規出店し、多チャネル化が進行しているのが実情です。

 これは何を意味するのでしょうか。日本のECを利用する消費者は、楽天市場、Yahoo!ショッピング、AmazonやZOZOTOWNのように、豊富な商品が集まり、ポイント付与や送料無料といった購入メリットが常時設定されているモール系のプラットフォームで購入する機会が確実に増えています。この状況を企業側も肌で感じ、モール中心に多チャネル化を加速している状況かと思います。

 また、EC事業の成長率が10%を切り始めた企業にとっては、DeNAショッピング、ポンパレモール、Qoo10といった、独自の客層を持つ成長モールの新規活用で成長を維持したいという傾向が顕著になったと言えます。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
2.メーカー系企業の新規参入

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECトレンドレポート連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社いつも.事業推進部 部長 兼 グローバルEC戦略担当 立川哲夫(タツカワ テツオ)

東証1部上場コンサルティング会社にて新規事業立ち上げ支援を多数経験後、株式会社いつも.にて自社+モール多店舗でEC事業で50億・100億突破の戦略立案を得意とし、オムニチャネルプロジェクトにも携わりながら、オムニチャネル先進事例を日本流に展開するために、シカゴ開催の世界最大のEコマースイベント:IRCEにも...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/3739 2016/10/24 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング