記事種別

少額でリスティング広告を最大活用! お客様の「買いたい度合い」で出し分けよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

ITにあまり強くないネットショップオーナーさん向けに、お店の成功パターンを作り出すためのリスティング広告ノウハウをお届けします。

 この連載で言うリスティング広告とは、Yahoo!やGoogleが提供する、クリックした分だけ支払いが発生するクリック課金型広告のことを指します。なかでも、ネットショップオーナーが知っておきたいのは「検索連動型広告」と「コンテンツ連動型広告」です。それぞれ見ていきましょう。

検索連動型広告とは?

 検索連動型広告とは、検索エンジンにおいて検索されたキーワードに応じて表示する広告のことです。Yahoo!ならスポンサードサーチ(旧Yahoo!リスティング広告)、Googleならアドワーズとなります。

 例えば、検索キーワードとして「花束 ギフト」を登録しておくと、「花束 ギフト」で検索された際に、検索結果の上位に広告を表示することができます。 お店の見込み客が検索しそうなキーワードを登録しておけば購買意欲の高い見込み客をお店へと集客することが可能です。

検索連動型広告の例
「花束 ギフト」で検索した際に、検索結果の上と右横に出てくるのが検索連動型広告

コンテンツ連動型広告とは?

 コンテンツ連動型広告は、GoogleやYahoo!が提携するサイトに、そのサイトのコンテンツと関連があれば表示されるものです。Yahoo!ならディスプレイアドネットワーク(旧Yahoo!インタレストマッチ他)、Googleならアドセンスがあります。

コンテンツ連動型広告の例
赤枠の部分がコンテンツ連動型広告。投資がテーマのサイトに投資関連の広告を表示

 検索連動型広告とコンテンツ連動型広告、どのように使い分ければいいのでしょうか。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:ネットショップを成功に導くリスティング広告の使いかた

2014年03月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5