SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

「持続的な購入」を目指すCRO

コンテンツマーケ、ソーシャル、商品企画 いま、改めて見直したい「レビュー」の可能性


「持続的な購入」を目指す、コンバージョン率最適化=CROについて解説していきます。第12回はレビューについて。レビュー獲得率10%超という、「国立商店」さんにインタビューしています。

もう一度見直したい、レビューの役割と重要性

 Googleは、星の数とレビュー件数を表示すると、PLA(商品リスト広告)のCTRが平均5%上昇したと報告しています(参照)

 レビューの力はすべての商材でプラスです。なかでも曖昧なものほど、買物客はレビューに依存して購買します。安心を欲しています。正しいかどうかは問題でなく、極端な話「赤信号、みんなで渡れば怖くない」、車に轢かれなければいいのです(バンドワゴン効果)。CVRと客単価が上がります。

 平均的な統計ですが、0から10までレビューを増やすことで、CVRは大きく跳ね上がります。まず、ここを目指しましょう。しかし、10から20で鈍化し、30までは完全に「踊り場」です。その後、再び上昇に転じます。

 一般に、レビューが最も効果的なジャンルは食品と信じられています。味ほど曖昧なものはなく、第三者の評価以外に信じられるものがないからです。

 しかし、個人の嗜好が他人のそれと合致するとは限りません。あるいは、繰り返し消費されるFMCG(必需な日用品:Fast-Moving Consumer Goods)な食品も多い。たとえば、稀少な地産品と違って、コーラのレビューを読む人はいません。

 次はファッション。食品と比べると、サイズという物差しがありますので、「危険度」は低い。S/M/LはJIS規格に定められています。

 しかし、それは売り手の過信に過ぎません。同じMサイズでも幅のあることは周知の事実で、SKUだけでは知ることができません。たとえば、REGALの靴が他の多くのブランドとは違うことを、愛用者なら知っています。愛用者という「先輩」の意見がどれほど助けになるか、靴擦れの痛みで文字どおり痛感できるでしょう。

 このように期待する効果には濃淡があり、その上で、レビューを集める注力具合や優先度を考えていく必要があります。買物客としてのあなたがぜひ読みたいと思う商品には、レビューが絶対に必要です。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
コンテンツマーケをユーザーに手伝ってもらうという発想

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
「持続的な購入」を目指すCRO連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

株式会社インフォプラス マーケティングソリューション部 シニアコンサルタント 佐藤英俊(サトウ ヒデトシ)

インフォプラスでは、カジュアル担当。衣料品産業専門ということではなく、人間が形式ばっていないという意味である。「ABテスタ」の生みの親でもあり、モノ作りや新規事業に経験が深い。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/2088 2015/10/07 19:42

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング