SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス(PR)

ブラウザ上で買うだけがECじゃない バージョンアップした「EC-CUBE3」が描く未来とは

先が見えないEC業界、トライアンドエラーで独自のサイトへ

 EC-CUBEといえば、モール全盛期から、そのカスタマイズ性の高さで、独自ドメインのECサイトの基盤になってきた。昨今はアパレルを中心に、自社ECサイトを強化する傾向が見られるが、EC-CUBEを利用する先進企業は、どのようなことに取り組んでいるのだろうか。

 「自社のオリジナリティを大切にされ、ブランディングに取り組まれていることに変わりありません。ストーリーのあるデザインで、商品への思いを全面に押し出した売りかたをされています。いくら商材自体に製品力があったとしても、それがきちんと伝わらなければ意味がありませんから。また、他サイトと同じような商品を扱っているとしたら、そのショップで買いたいと思わせることができるかがポイントでしょう。皆さん、接客など価格競争ではないところで勝負されています。

 そこに加えて、最近はやはり『オムニチャネル』です。具体的には、ポイントカードをアプリで提供したり、ウェブと実店舗をつなげたりといった施策が出てきています。ほかにも、サブスクリプションコマースにいち早く取り組まれた事例もありました。見せかたと売りかた、この2つを独自に工夫できるのがEC-CUBEの強みです」

 それができれば、巨大モールに負けず、独自サイトも生き残れるということだろうか。

 「いえいえ、ショッピングモールさんたちと争う必要はないんです。リアルでも、お客様はさまざまなところにいらっしゃるので、いろいろなところにお店を出すじゃないですか。それがネットだと、すぐに競争といった発想になりがちなのですが、同じように、それぞれの場にあったネットショップを戦略的に出せばいいわけです。EC-CUBEでは、在庫連動も可能ですし。

 もちろん、独自サイトは独自サイトなりの戦略を立てる必要があります。独自サイトは、ショップ運営者が前に立ち、ショップの顔になれるのが特徴です。システムに任せるのではなく、人が接客する。繰り返しになりますが、EC-CUBEはカスタマイズができることが強みなので、戦略にあわせて、見せかた、売りかたを工夫していただければと思います」

 独自サイトを構築するにあたり、比較対象となってきた、スクラッチでの構築と、ASPカート。バージョンアップにより、さらなる差別化は生まれたのだろうか。

 「先ほど、ECは変化が激しく、この先どうなるかわからない。新たなテクノロジーと素早く連携して、トライアンドエラーを繰り返していくことが重要だと述べましたが、それが、EC-CUBE3では可能になります。

 カートASPであれば、そのカートが対応しているサービスしか使えませんが、EC-CUBEならプラグインで提供されているものはすぐに使えますし、まだ提供されていないものでも、パートナー会社に依頼することで、自社が望むサービスと次々に連携していけます。一方で、スクラッチは作ってしまったら、取り返しがつかないこともあります。それがプラグイン式であれば、トライしてあわなければ、すぐにやめることができます。

 実は、EC-CUBEバージョン2までは、そうした連携に時間がかかっていたんです。新しいマーケティングツールは、1週間お試し無料、はじめの1ヶ月は料金がオトクといった形でサービスを提供されることが多いのですが、バージョン2までは、制作会社さんの開発に時間がかかり、オトクな期間にトライできなかった、ということも起きていました。EC-CUBE3では、この課題を解決し、新しいサービスが出てきたら、なる早でトライできるような環境を整えています」

http://www.ec-cube.net/owners/

 外部のツールと連携する「プラグイン」を提供する、EC-CUBE3の「オーナーズストア」もオープン。2015年内に、50本のプラグインリリースを目指すとのことだ。

次のページ
ECはもっとリアルに近づき、もっと多様化していく

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集長 倭田 須美恵(ワダ スミエ)

2013年11月11日、ECzine初代編集部。ならではの視点でECに関する情報をお届けしたいと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/2071 2017/12/11 18:19

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング