記事種別

価格も納期も同じライバルサイトに差をつけ、低いCVRを改善する 家電ECのヒートマップ活用例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

ページ分析ツール「ヒートマップ」の活用でECサイトのCVRをアップする方法をお届けします。第5回はCVR(コンバージョン・レート)が低いと言われる家電ECサイトに、ヒートマップで挑みます。

1. 「家電ECはCVRが低い」というデータ

 「CVRの最適化」をテーマとするブログ「Invesp Blog」(英文)に、2007年に「FireClick」の調査データを引用した「業界別ECのCVR」が掲載されました。この表を見ると、エレクトロニクスのCVRは、アパレルなどよりも低いことがわかります。

表1:業界別ECのCVR

サイトの種類 CVR(コンバージョン率)
カタログ 5.8%
ソフトウェア 3.9%
ファッション/アパレル 2.3%
高級品 1.7%
エレクトロニクス 0.50%
アウトドア/スポーツ 0.40%
●出所:Compare your site conversion rate to ecommerce site averages | The Invesp Blog
●参考文献:アリステア・クロール (著), ベンジャミン・ヨスコビッツ (著), 林 千晶 (解説), エリック・リース (編集), 角 征典 (翻訳)『Lean Analytics ―スタートアップのためのデータ解析と活用法 (THE LEAN SERIES)』(オライリージャパン (2015/1/24))p.260-261

 上記のデータは少々古いですが、筆者が普段、様々な業界のWeb分析をしている経験から見て、上記の表の数値自体は、今現在も、それほど変わっていないはずです。

2.家電ECにおける購入のカスタマージャーニーとは

 家電は通常、単価が高く、かつ、少なくとも数年間は使うつもりで買う商品です。また、特に高額商品の場合、ECサイトによって、同一製品で、価格差が数万円ということも珍しくなく、さらに販売価格が株価のように変動します。必ずしも、時間と共に価格が下がるわけではなく、新製品ではないのに販売価格が上昇基調に入ることもあります。

 つまり家電は多くの人にとって、「ネットでよく調べて買わなければいけない商品」なのです。購入に至るユーザーのカスタマージャーニーは、長く複雑なものにならざるを得ません。

図1:家電購入のカスタマージャーニーマップの例

クリックすると拡大します

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:ヒートマップでECサイトのCVRアップ

2014年07月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5