記事種別

「楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー2014」から中小ネットショップが学べることとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

EC業界歴17年の著者が、今日からできるノウハウをお届けします。第2回は、先日発表された「楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー2014」について解説します。

「楽天SOY2014」トップ10から読み取れること

 2014年1月13日に楽天市場の「ショップ・オブ・ザ・イヤー2014」の表彰式が行われ、2014年のベストショップが発表されました。

 授賞式の模様も、毎年Usreamでライブ中継(配信は終了)されていますが、一般には告知されていませんので、ほとんど知られていないと思います。

順位 店舗名 ジャンル、取り扱い商品
1位 爽快ドラッグ 日用品、医薬品
2位 Joshin web 家電とPCの大型専門店 家電
3位 エディオン 楽天市場店 家電
4位 ビックカメラ楽天市場店 家電
5位 charm 楽天市場店 ペット用品
6位 コジマ楽天市場店 家電
7位 NetBabyWorld(ネットベビー) ベビー用品
8位 ソフマップ楽天市場店 家電
9位 澤井珈琲Beans&Leaf コーヒー豆専門店
10位 イーザッカマニアストアーズ レディースアパレル

 今年の総合賞は、住友商事の子会社である「爽快ドラッグ」が6年連続グランプリとなり、昨年同ショップにグループ入りした「NetBabyWorld(ネットベビー)」も7位と8年連続受賞、上新電機やエディオン、コジマ、ビックカメラ、そしてグループ会社のソフマップと、家電ジャンルが多くを占め、10つの賞のうち7つは、上場企業とそのグループ会社が占めるという結果になりました。昨年2位の「ケンコーコム」は、楽天グループ入りし経営層も入れ替わった影響か、今回は総合賞には、入賞されていませんでしたね。

 「NetBabyWorld(ネットベビー)」においては、「総合7位」に加え、「ジャンル大賞」「ダブルイヤー賞」「あす楽大賞」「スマートフォン・タブレット大賞」と5つの賞と同時に一番多く受賞されていたのも興味深い結果かと思います。

 この結果を見ると、一部のショップを除き、楽天市場でショップ・オブ・ザ・イヤーには、資本力があり型番の商品を多売することで、売上規模を伸ばせるショップが多く入賞しているというのが現実です。

 では、我々中小企業のようなショップにとって、「ショップ・オブ・ザ・イヤー」などの受賞は関係ないものなのでしょうか?

 このコラムでは、少し違った視点で、ショップ・オブ・ザ・イヤー2014などの受賞について、紹介していきます。

ジャンル大賞は、半数が2年連続の「ダブルイヤー賞」

 楽天市場のショップ・オブ・ザ・イヤーには、ジャンル賞、サービス賞、特別賞を含めると180を超える賞があります。同時に複数の賞を受賞するショップもあり、今回は結果として、約140のショップが表彰される結果となりました。

 40あるジャンル賞には、ジャンル大賞が1ショップ、とジャンル賞が2ショップと合計120ショップが表彰され、ジャンル大賞においては、2年連続受賞するとダブルイヤー賞も表彰されるルールとなっています。

 今年は、ジャンル大賞の40ショップのうち、半数がダブルイヤー賞を受賞するという結果となっています。

2年連続ジャンル大賞、「ダブルイヤー賞」受賞店舗
ショップ ジャンル
イーザッカマニアストアーズ レディースファッション
JIGGYS SHOP メンズファッション
京都発インナーショップ白鳩 インナー・下着・ナイトウエア
NetBabyWorld(ネットベビー)※総合7位 キッズ・ベビー・マタニティ
ソフマップ楽天市場店※総合8位 パソコン・周辺機器
Joshin web 家電とPCの大型専門店※総合2位 生活家電
エディオン 楽天市場店※総合3位 TV・オーディオ・カメラ
ブックオフオンライン楽天市場店 CD・DVD・本
海の幸なのにYAMATO 海産物
ハーベストシーズン
美味しさは元気の源 【自然の館】 惣菜・食材
澤井珈琲Beans&Leaf※総合9位 水・ソフトドリンク
タカムラ ワイン ハウス ワイン
家具通販のロウヤ インテリア・寝具・収納
daily-3 キッチン用品・食器・調理器具
DIYツールストア 楽天市場店 ガーデン・DIY
charm 楽天市場店 ペットフード・ペット用品
爽快ドラッグ※総合1位 医薬品・コンタクト・介護
eSPORTS楽天支店 スポーツ
EZAKI NET GOLF ゴルフ
オリックス自動車 車・バイク

 総合賞、ジャンル賞ともに、老舗ショップが強いという傾向があります。総合賞は2011年以前にオープンしたショップのみで、ジャンル賞120ショップにおいては、2012年以降のショップは、8ショップのみとなっています。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:清水将平の今日からできるEC運営のコツ

もっと読む

2014年05月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5