SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

次なる顧客体験へ 大手企業の目線

AIを取り入れたパッケージ選定で売上1.3倍に 商品愛とファン愛あふれるオタフクソース流の活用術

 デザイン評価を素早く行えるAIで「お好みソース 大人の辛口」のパッケージを選定し、売上増加や業務効率化を実現したオタフクソース株式会社。今回はその裏側をのぞくため、パッケージリニューアルを担当したマーケティング部 家庭用商品企画課 土屋奈穂子氏に取材した。そこで分かったのは、「AI活用」だけで終わらせない社内の協力体制だ。

辛口ブームの定着で顧客の需要も拡大

──新パッケージの選定にAIを活用されていますが、そもそも、なぜ「お好みソース 大人の辛口」のパッケージを変えることにしたのでしょうか。

土屋(オタフクソース) 当社では、2015年より「お好みソース 大人の辛口」を販売しています。数十年前から辛口ブームが繰り返されており、それが一過性ではなく生活者の食生活に定着してきていると感じていました。

 そこで、大人の辛口をシリーズ化して焼そばソースでも辛口の商品を作り、2022年9月に発売することになりました。同じタイミングで、お好みソース 大人の辛口も、シリーズとして統一感のあるパッケージへリニューアルすることにしたんです。

──どの商品も、辛口は一定の人気がありますよね。ハマる人も多そうです。

土屋 お好みソース 大人の辛口は、繰り返し買ってくださる方が多い商品です。お好みソースのバリエーション商品の中では、特にリピート率が高いんです。一度試してもらえると、きっとファンになってもらえる。そのためにも、「辛口であることが一目でわかる」パッケージで、顧客接点を増やしたいと思っていました。

パッケージを変えたら売上が1.3倍に

──実際には、AIを活用してどのようにパッケージを選定したのですか。

土屋 今回は、デザイン選定での活用だったため、パッケージ候補は制作会社に作成してもらっています。正直、難しい作業は特に無く、AIの評価システムにデザインのデータを流し込むと数分で項目ごとのポイント数が出ます。条件設定やデータのアップロードの時間を含めても、30分程度で結果が得られました。

 評価項目は20個ほど。「色味が良い」「新しい・ユニーク」「美味しそう」などです。簡単といっても、評価項目の設定自体はAIシステムを利用する当社側が行います。AIで2つまでデザインの候補を絞り込み、最後は公式SNSでファンの方々に投票してもらいました。

お好みソース 大人の辛口
(左)旧パッケージ、(右)新パッケージ

──AIを活用してパッケージを選定したことで、具体的な成果はありましたか。

土屋 パッケージを変更してから半年間の売上が1.3倍になりました。営業担当の社員も、再度商談のチャンスが得られています。「AIでパッケージを選んだ」ことも踏まえて、今までとは少し違った営業資料になりました。取引先から「AI評価とはどういうものなの?」という質問もいただくみたいで、1つの商談のネタにもなっていますね。

 パッケージを決めるまでの評価期間が短縮されたのも良かったです。デザインの候補ができてから決定までの間に、生活者へのアンケートやグループインタビューを実施すると通常1ヵ月はかかります。業務の効率化も課題だったので、評価時間が大幅に短縮されたのは大きいです。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
「辛さを目で感じる」 公式SNSにはコメントも多数

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
次なる顧客体験へ 大手企業の目線連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部 藤井有生(フジイユウキ)

1997年、香川県高松市生まれ。上智大学文学部新聞学科を卒業。人材会社でインハウスのPMをしながら映画記事の執筆なども経験し、2022年10月に翔泳社に入社。現在はウェブマガジン「ECzine」で編集を担当している。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/13072 2023/07/10 07:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング