SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

オンラインショップを伸ばす魔法の法則100選

EC運営者にとっては永遠のテーマで最大の課題 アクセス数を伸ばす10のコツを伝授

 オンラインショップの売上向上が喫緊の課題だ。手探りで始めてみたものの、何から着手したら良いのかわからない。そんな方に「これさえやっておけば、最初の一歩としては大丈夫」という魔法の法則を伝える当連載。EC歴13年、オンラインショップ再生コンサルタントのオオスミ浩子さんが解説します。第1回のテーマは「アクセス数を伸ばす10のコツ」です。

13年のオンラインショップ運営から得た集客のコツを伝授

 誰もが簡単にオンラインショップのオーナーになれる今、ウェブで売れないものはない時代になりました。ですが、集客や販売に悩むオーナーは後を絶ちません。

 私は、13年間オンラインショップを運営してきて、合計で500店舗以上のお店を見てきています。なので、「売れるお店」と「売れないお店」の明確な違いを断言できます。どんなに素晴らしい商品でも、お客様に見ていただけないと意味がありません。

 連載第1回のテーマは、オンラインショップの基本であり永遠のテーマ「アクセス数アップ」です。「売れ続けるお店」が行っている集客のコツを10個お伝えします。

見落としがちなアクセスの抜け穴を埋める

1. SNSプロフィールには、オンラインショップのリンクを貼る

 SNSプロフィールにオンラインショップのリンクを貼るなんて、当たり前じゃないか! と思った方もいるでしょう。しかし、違うリンクを貼っている人が意外に多いのです。オンラインショップではなく、企業の公式サイトを遷移先としているケースをよく見かけます。SNSから売上を生みたいのであれば、ショップへの送客が必須です。今すぐにオンラインショップのリンクに変更しましょう。

 SNSのプロフィールページを見る人は、投稿内容が気になってあなたのお店のプロフィールや過去の投稿を見に来ています。あなたのお店への関心が高いので、見込み客になりやすい存在といえます。

 最近は、複数のSNSリンクのまとめページを作ってプロフィールに貼っている人もいますが、ショップへの送客という視点ではあまりお勧めしません。まとめページを経由することで、必ず一定数の離脱が発生します。

 ただし、メルマガ登録フォームやLINE登録のURLを設置するのは、戦略的に行えば有効な顧客アプローチとなります。なぜなら、継続的なコミュニケーションの創出につながるからです。

2. SNS投稿は、商品ページのリンクを貼る

 SNSへ投稿を行う際、商品ページのリンクを貼り忘れたことはありませんか? 写真とテキストは完璧でも、肝心な商品ページを購入する導線がなければ、お客様は見にきてくれません。

 ショップ側はつい、「気になったら調べてくれるはず」「本当に欲しければ問い合わせが来る」と考えがちですが、お客様に“探させてはいけない”のがオンラインショップの鉄則。「なんかわかりにくいな……」「あの情報はどこに書いてあるのだろう?」と思われた時点で、お客様は離脱してしまいます。リンクを忘れていないか、投稿前に必ず確認する癖をつけましょう。

3. メルマガ・LINEに商品ページのリンクを貼る

 メルマガやLINEへのリンク貼り忘れも、ついやってしまうミスです。私は仕事柄、様々なショップの公式メルマガ・LINEを読んでいますが、月に2~3回はリンクなしのお知らせに遭遇します。

 よくありがちなのは、新商品紹介の配信であるにも関わらず、トップページのリンクしか挿入されていないパターンです。特定の商品を紹介する際は、必ず商品ページへのリンクを挿入しましょう。特集ページがある場合は、そちらへリンクを貼ります。

 なぜなら、そのお客様は「商品を見たい」と思ってクリックしているからです。「詳細を知りたい」「購入したい」と思ってクリックしたのに、表示されたページがトップページだった場合、お客様はわざわざ該当商品を探さなければなりません。粘り強く商品を探し出してくれるケースもあるかもしれませんが、多くの場合、ここで離脱されてしまいます。

 お客様のアクションを減らしたオンラインショップは「買いやすい」と感じてもらえ、継続的なアクセスにつながります。アクセスアップの秘訣として覚えておきましょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
お客様との距離を縮めてアクセス向上へ

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
オンラインショップを伸ばす魔法の法則100選連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

オンラインショップ再生コンサルタント オオスミ浩子(オオスミ ヒロコ)

 ファッション業界を経て、2010年にバスローブ専門のオンラインショップを開業。数多くの芸能人へ衣装を提供し、バスローブデザイナーとしてNHKやラジオ局など多数のメディアから取材を受ける。EC運営の現場を一貫して経験し、経営と組織運営に関する業務も行う。 EC運営を通じて多くのお店と交流をする中、あ...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/12892 2023/06/07 07:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング