SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス

オンラインビジネス成功のためのツールとは? 「THE WEB EC SUMMIT 2014」が開催されました


 KDDIウェブコミュニケーションズなど5社が、「THE WEB EC SUMMIT 2014」を品川コクヨホールを開催。パネルディスカッション 「オンラインビジネス成功のためのツールとは?」の様子をお届けします。

パネルリスト

  • ECサイト作成サービスSTORES.jp 株式会社ブラケット 取締役 塚原文奈さん 
  • ホームページ作成サービスBiND 株式会社デジタルステージ 代表取締役 熊崎隆人さん
  • ホームページ作成サービスJimdo 株式会社KDDI ウェブ コミュニケーションズ 取締役副社長 高畑哲平さん
  • モデレーター 株式会社東洋経済新報社 東洋経済オンライン 編集長 山田俊浩さん

テーマ1:大手サービスへの依存

モデレーター:大手サービスにまるまる依存するのではなく、自分たちで工夫することの意義とは?

熊崎:楽天やAmazonのような「ショッピングモール」は、イオンのようなリアルのショッピングモールと同じように見えます。与えられた枠でどれだけ差別化できるかになってきます。BiNDユーザーは、商品もオリジナルで、一国一城の主を楽しんでいる人が多いですね。ショッピングモールである程度の受け皿を持って、自分でやることにしたという方もいます。

塚原:自分でビジネスをしている、ものを作っている人は「知ってほしい」という気持ちをお持ちです。モール型だと、そうした表現に制限がかかってしまうこともある。STORES.jpのように、独立して商品を販売する場所を持つことで、自分たちのオリジナリティが表現できるのではないでしょうか。また、モノの販売にはビジュアルの要素が一番強いと思うので、それがどれだけ引き出せる場所が作れるかが大事だと思います。

高畑:私自身も楽天、Amazonのヘビーユーザーですが、どのお店から買ったか覚えていないし、価格を比較してより安いものを買っています。価格競争で勝っていけるところは、やはりトラフィックがすごいので、ショッピングモールでやるべきかなと思います。一方で、ファンを作っていくなら、個人でやるべきですし、そうした工夫ができるところが光ります。

2.PCとモバイル、それぞれの特性

モデレーター:PCとモバイル、両方更新しなければいけないのがストレスだったと思います。今後どういうふうに変わっていくのでしょうか。

熊沢:対応はレスポンシブかモバイルファーストかになると思いますが、BiNDはモバイルファーストで作っています。デバイスがさまざまある中で、PCとまったく同じボリュームのコンテンツを投入すると、文字ばっかりでということがあるから難しいですね。

塚原:「簡単に、誰でも使える」を掲げてやっていますが、まだまだこれからだと思っています。ストアオーナーさんだけが見る管理画面を、スマートフォンでどうやって見せるのか研究しなくては。

高原:モバイルの使いかたが国や土地によって違います。東京ほど、スマホを見ているところはないでしょう。自分のサイトに来るユーザーの正確な分析と対応できるところはいいのですが、そうでない人は自動最適化にまかせたほうがいいでしょう。「PCに切り替える」ボタンは必ずつけるべきですね。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
3.SNSの効果的なつかいかた

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
ECホットトピックス連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集長 倭田 須美恵(ワダ スミエ)

2013年11月11日、ECzine初代編集部。ならではの視点でECに関する情報をお届けしたいと思います。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/1186 2022/06/29 10:08

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング