SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECホットトピックス(PR)

サイト内検索経由のCVRが平均値の3倍に バロックジャパンリミテッドが『ZETA SEARCH』採用

 アパレル企業のバロックジャパンリミテッドがECサイトリニューアルに合わせサイト内検索をリプレース。EC商品検索・サイト内検索エンジン『ZETA SEARCH』を採用した。サイト内検索を利用したユーザーのページ閲覧数・滞在時間・CVRは3倍を維持。また検索結果ページからの離脱率・再検索数も減少し、検索結果で表示される商品への満足度は高くなっている。リプレースプロジェクトにかかわった6名に話を聞いた。

サイト内検索を短期間で最適化 業界知見で迅速なツール導入が可能に

 バロックジャパンリミテッドは、MOUSSY、SLY、AZUL BY MOUSSY等21のブランドを持ち、国内直営店367店舗を運営、売上高591億円を誇るアパレル企業だ(2022年2月時点)。

 ECサイトはブランドごとに「SHEL'TTER WEBSTORE」「ENFÖLD ONLINE STORE」「någonstans online store」「BLACK BY MOUSSY WEBSTORE」などを展開、2021年2月期のオンライン売上は94億円、同社の売上に占めるオンラインの比率は年々増加している。

 常にトレンドが著しく変化するファッションアパレル業界ではユーザーニーズも日々多様化しており、こうした流れにいち早く対応するべく2022年3月にECサイトリニューアルを実施し、その際にサイト内検索エンジンもリプレースする運びとなった。

株式会社バロックジャパンリミテッド EC事業部 事業部長 経営企画本部 OMO推進部 部長 田村英紀氏
株式会社バロックジャパンリミテッド EC事業部 事業部長 経営企画本部 OMO推進部 部長 田村英紀氏

田村(バロックジャパンリミテッド) ECサイトリニューアルのスケジュールが先に決まっていたため、それにあわせてご対応いただけることが最優先でした。ファッション企業の導入実績が多数あるZETA様とお話しし、検索面で当社がやりたいUXが実現できそうだと思ったこと、またタイトなスケジュールにもかかわらずご対応いただけるとのことで、ZETA様にお願いすることになりました。

大井(ZETA) 複数ブランドを展開していらっしゃること、自社メディア『SHEL’MAG』や『STAFF SNAP』などECとは別サイトのコンテンツも検索にヒットしECサイトの検索結果に表示したいといったご要望から、機能性の高いEC商品検索・サイト内検索エンジン『ZETA SEARCH』を候補に挙げていただき、ご採用いただきました。

ZETA株式会社 セールスグループ ユニット長 大井果林氏
ZETA株式会社 セールスグループ ユニット長 大井果林氏

 ECサイトリニューアル以前は、別のサイト内検索エンジンを利用していたが、いくつか課題もあったと言う。

飯村(バロックジャパンリミテッド) たとえばレスポンススピードであるとか、ツール自体のパフォーマンスに課題を感じることもありました。また、日々チューニングを行う必要があったのですが、こちらからの要望に対し即時性を持ってご対応いただけているかというと難しい場合もありました。

株式会社バロックジャパンリミテッド 管理本部 情報システム部 ソリューショングループ 飯村孝太郎氏
株式会社バロックジャパンリミテッド 経営企画本部 情報システム部 ECシステムグループ長 飯村孝太郎氏

出張(ZETA) 『ZETA SEARCH』はある程度パッケージのようなものがありますが、データの持ちかたなどは導入企業様によって異なります。型が決まったサービスよりは開発に時間がかかるのですが、そこは当社のエンジニアが頑張らせていただきました。

 また当社は、アパレル企業様のECサイトへの『ZETA SEARCH』導入実績が豊富なため、サイト内検索の流れを決める上でのECサイト側と検索エンジン側で合意すべきポイントの確認など、開発に取り掛かる前の下準備に関してスムースな対応が可能です。結果的に、いただいた仕様に沿ってご要望のスケジュールどおりにリプレースすることができました。

 2021年4月に『ZETA SEARCH』の採用が決まり、従来利用していたサイト内検索エンジンでの仕様を共有する形で要件定義。およそ半年後の2021年11月には『ZETA SEARCH』にリプレースされ、ECサイト自体は2022年3月にリニューアルとなった。

検索結果ページでの離脱・再検索が減少!さらなるCVR向上を目指す

 従来のサイト内検索でも、サジェストの表示項目について細かく指示を出すなど、こだわりを持っていたというバロックジャパンリミテッド。『ZETA SEARCH』にリプレース後も、日々さまざまなチューニングを続けている。

 リニューアル直後であることからセッション数が落ち着きを見せているものの、サイト内検索経由のコンバージョンレート(CVR)は108%を達成している。

株式会社バロックジャパンリミテッド EC事業部 ECマネジメントグループ 久保木理冴氏
株式会社バロックジャパンリミテッド EC事業部 ECマネジメントグループ 久保木理冴氏

久保木(バロックジャパンリミテッド) サイト内検索を利用したユーザーのページ閲覧数・滞在時間・CVRは3倍を維持できています。サイト内検索は購買意欲を高める有効な機能だと実感しています。また検索結果ページからの離脱率・再検索数も減少していることから、検索結果に表示される商品の内容について、お客様の満足度が上がっていると考えられます。引き続きチューニングを続け、CVRをより向上していければと考えています。

出張(ZETA) ZETAでは、人の目を使って検索結果一覧ページの定性的な評価を行っています。検索結果の良し悪しは、エンドユーザーであるお客様も直感的におわかりになるようで、良くないページが表示されると離脱してしまいます。あるキーワードで検索した際に表示されるべき商品が正確に表示されるECサイトに近づけるべく、日々努力しています。

 一方で、正確な検索結果を表示するのに時間がかかってしまっては本末転倒です。1秒お待たせすれば1割のユーザーが減るとの説もあるほどです。正確なページをいかに速く表示できるかに取り組んでおり、その結果をエンドユーザーのお客様にもご満足いただけているのかなと考えています。

大橋(ZETA) サジェストの候補となるキーワードを一覧で表示しているのですが、バロックジャパンリミテッド様の場合は、候補となるキーワードの種類が多いのが特徴です。さまざまな種類の候補を素早く表示し、サジェストからページに遷移する前にそのページを表示する仕組みにしています。

 さらにエンドユーザーのお客様は、そもそもどのようなキーワードで検索すれば良いかわからない場合も多いので、キーワードを入力し始める前の段階で、『こんな検索ができます』とのヒントを表示できるサジェスト機能もお客様のより良い検索体験をサポートしています。

ZETA株式会社 技術部 ユニット長 大橋勘太郎氏
ZETA株式会社 技術部 ユニット長 大橋勘太郎氏

 また直近で取り組む案件として、ECサイトとは別で運営されているメディア『SHEL’MAG』や『STAFF SNAP』のコンテンツも、ECサイト内の検索結果に表示されるように拡張していく予定だと言う。

久保木(バロックジャパンリミテッド) たとえば「ワンピース」というキーワードで検索したら、商品も、記事も、スナップ写真もヒットするようにしていきたいですね。

OMO強化に向け、ECサイトをセレンディピティ創出の場に

 バロックジャパンリミテッドが目指す、ECを含めたデジタル戦略の今後の方針としてはOMOの強化だと言う。

田村(バロックジャパンリミテッド) ひとりのお客様が、店舗もECもどちらも利用される時代です。チャネルを問わず、お客様が知りたい情報をスピード感を持ってご提供することで、最終的にどこかのチャネルでご購入いただければ良いと考えています。ECの売上を上げていくことはもちろん、ECサイトはその着地点を作るための存在にしていきたいです。ZETA様には、漠然と何かを探しているお客様が、サイト内検索エンジンを通じて素早く情報にたどり着いていただけるようご支援いただければと思います。

出張(ZETA) お客様がECサイトやInstagramで見たアイテムをスクリーンショットして、店舗で『この商品ありますか』と尋ねる行為が増えています。コロナ禍もあり、実店舗の滞在時間は減少しているはずですが、そのような中で実店舗とECサイトをどう組み合わせて活用していくかが重要であり、オンラインとオフラインを相互利用し、送客し合う形が良いのではないでしょうか。当社としては、検索エンジンをはじめとしたさまざまなツールでECサイト上での新しい商品との出会いを創出していきたいと考えています。

ZETA株式会社 執行役員副社長 博士(情報科学)出張純也氏
ZETA株式会社 執行役員副社長 博士(情報科学)出張純也氏

大井(ZETA) バロックジャパンリミテッド様の強みは店舗スタッフによるお客様に寄り添ったトレンドのご提案だと考えています。また、ブランドが複数あることからブランド横断のご提案も有効かと思います。サイト内検索からのおすすめ商品の表示や、今後新たに提供予定のハッシュタグ活用エンジン『ZETA HASHTAG』などを通じてECサイト上でも強みを発揮できるようご支援してまいります。

▼ZETAが提供するECマーケティング・リテールDXを支援するソリューション「ZETA CXシリーズ」の資料は資料ダウンロードページよりダウンロードいただけます。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11843 2022/11/22 11:00

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング