SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

EC運営、次のステップ

はじめてでもよくわかる「リピート」と「LTV(顧客生涯価値)」 正しいコストのかけかたとは


EC運営、次のステップに進みたい人へ。今回は、「リピート」と「LTV」についてわかりやすく解説します。

ECで重要視される「リピートとLTV(顧客生涯価値)」

 お店の売上げを上げるには、たくさんの人に来店していただき、商品やサービスを気に入ってもらい、購入してもらう必要があります。新規顧客を獲得するには、たくさんの工夫と努力、そしてコストがかかります。

 「来店さえしてもらえば、必ずウチの商品を気に入ってくれ、また買いに来てくれる」と自信を持って集客にコストをかけたとします。しかし、コストをかけて新規顧客を獲得しても、なかなかリピートにつながらない。新規顧客獲得にかけたコストを回収できないとしたらどうしますか?

 まずリピート率、リピーター率について考えてみましょう。

 今月の来店者数が100人で、そのうちリピート者数70人です。今月の「リピーター率」は何パーセントでしょうか?

 この場合、「リピーター率は70%」ということになります。

 この「リピーター率」は、

  • 新規顧客が増えなければ、リピーター率は上がり、
  • 新規顧客が増えれば、リピーター率は下がる

 ことになります。ただし、常連客だけで売上げが構成され、新規顧客が増えなければお店の売上げは縮小していきます。

 次に、開店から今月まで来店したユニーク者累計数が700人です。今月のリピート者数は70人です。

 この場合、「リピート率は10%」ということになります。

 ただし、このリピート率は、美容院、理容院、歯医者、エステサロン、鍼灸院、整体院、パン屋、ケーキ屋など、地域的(ローカル)な顧客に利用されるお店でのリピート率の考えかたで、広域な範囲で利用するネット通販ではリピートの指標としては考えにくいと思います。

 ネット通販では、お店や商品に合った適切なリピート指標を考え、リピート購入をしてもらう既存顧客維持の工夫と努力が必要です。次ページから、具体的に見ていきましょう。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
LTV(Life Time Value顧客生涯価値)とは

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
EC運営、次のステップ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

JECCICAジャパンEコマースコンサルタント協会 特別講師 松橋 正一(マツハシ ショウイチ)

1999年楽天市場にダイビング器材販売「海楽市場」を出店。メールマガジン「松とうちゃんのお生物講座」を発行。「楽天市場Shop of The Year 2000」総合3位受賞。その後、Yahoo!オークションプレミュアムショップ、Yahoo!ストア、自社ドメインネットショップを運営。2006年ネット...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/1127 2014/12/09 11:53

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング