記事種別

今日からはじめる商品データ編集 秀丸テクニック基本のキ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

「EC運営、次のステップ」へ進みたい人に向けて執筆を続けてきたこのコーナーも、今回で最終回です。最終回は、筆者が最も得意とし、効率的なEC運営には必須スキルと信じている「データ加工編集」についてお届けします。

ネットショップ運営者も知っておきたい、データ編集の基本

 ECサイト運営者、経営者の中には、「スタッフが実務をやってくれるので私はわからないし、そんなスキルは必要ない」と言う人もいますが、データ編集スキルは知っておいて損はありませんし、経営判断をする際にも欠かせないものとなっています。

 もし、苦手意識があったとしても、敬遠しないでください。本コラムでは、簡単にできるものだけを紹介します。

 ECサイト運営にかかわるデータ処理作業としては、以下のようなものがあります。

  • ECサイトに、大量の商品データを一括アップロードする。
  • 注文データをダウンロードし、受注管理ソフトで処理をする。
  • 商品を発送し、必要に応じて配送データを出力する。
  • 売上データを統計解析する。

 これらを行う際に、よく使われるファイル形式が「CSV」です。聞いたことがある方も、多いのではないでしょうか。

 このCSVでのデータ編集方法をマスターすると、EC運営作業を飛躍的に効率化できます。その際に用いるソフトとして、筆者がオススメするのは安価なソフト「秀丸」です。本稿では、秀丸による基本的なデータ編集方法をお伝えします。

秀丸のサイト

秀丸ではじめるデータ編集

 秀丸でまず覚えていただきたいのは、「メタキャラクタ」の「 ¥n 」です。特殊な意味を持つ記号のことをメタキャラクタと呼び、「 ¥n 」は「改行」を意味します。これを使うことで、多くのデータ編集が簡単にできるようになります。

商品名
商品コード
商品名
販売価格
商品説明文

 前記のように5行で書かれている文字列、それぞれの行の最後にはメタキャラクタ「 ¥n 」がついていると思ってください。(テキストは見えませんが)メタキャラクタが見えるとすれば、以下のようになります。

商品名¥n
商品コード¥n
商品名¥n
販売価格¥n
商品説明文

 秀丸の機能である「置換」を使って、「¥n(改行)」 ⇒ 「,(カンマ)」にすると

商品名,商品コード,商品名,販売価格,商品説明文

のようになります。この秀丸のファイルの拡張子を(.csv)に変えて保存すれば、「カンマ区切りのCSVファイル」の完成です。

 楽天市場など、ショッピングモールの商品データの仕様は、改行が入り縦に並んでいますよね。それをコピーして「秀丸」に貼り付け、前述の処理をすると、やりとりしやすいCSVファイルができるわけです。便利なのですが、意外と知られていない機能です。

※この続きは、会員の方のみお読みいただけます(登録無料)。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

バックナンバー

連載:EC運営、次のステップ

もっと読む

2017年12月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5