SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

今さら聞けないEC知識

BFCMとは?カテゴリー別セール開催企業22選と売上拡大の課題

 近年、BFCMという略語を目にすることが多くなってきている。もともとはアメリカ発祥のセールで、年末商戦の幕開けとされるものだ。ここでは、その意味や由来、セールごとの特色、2021年に日本でBFCMを実施した企業事例22選、今後の売上拡大に向けた課題をお伝えする。

BFCMとは?その発祥や由来は?

 早速、BFCMの意味や発祥、由来について見ていこう。

BFCMとは?そもそもどこの国からきているのか?

 BFCMとは、Black Friday, Cyber Monday(ブラックフライデー・サイバーマンデー)の略語で、ブラックフライデーとサイバーマンデーとを一連のセールと考えるときに使う言葉だ。どちらも開催日が近く、別々に開催する企業もあれば、どちらか一方のみ開催する企業もある。

 もともとはアメリカの祝日である感謝祭「Thanksgiving Day(サンクスギビング・デー)」に由来している。感謝祭は、毎年11月第4週目の木曜日に行われる自然の恵みや農作物の収穫を祝う行事だ。この感謝祭の翌日の金曜日から月曜日ごろまで開催される一連のセールをBFCMと呼ぶ。

 年末に向かうこのタイミングで開催されるBFCMは、クリスマス商戦の始まりとして、実店舗でもECでも大幅な割引が行われ非常に賑わうことで知られている。なお、感謝祭はアメリカだけの行事ではなく、いくつかの国で行われるものであり、カナダでは毎年10月第2月曜日だ。

Family or friends celebrating Thanksgiving day with rose wine

BFCMの由来

 ブラックフライデーとは、11月第4週目の金曜日やその日から始まるセールのことで、サイバーマンデーは11月第5週目の月曜日やその日を含むセールのことだ。ブラックフライデーに続く月曜日を含むのが一般的だが、ほかのセールとの関係で期間をあえて離す場合もある。

 ブラックフライデーの由来には諸説があるものの、感謝祭翌日の金曜日に休暇を取り、ショッピングに出かける人が多く、黒字が見込めることとされている。一方、サイバーマンデーの由来は、月曜日に出勤する人々がオンラインでショッピングすることに由来するといわれている。

 それに加えて、ブラックフライデーでは黒に関連するもの(黒物家電やカラーが黒、値段が96を含むなど)が安くなるとされ、サイバーマンデーではパソコンやカメラ、家電全般などが安くなるとされる。アメリカ発祥のセールのため、当然ながらアメリカのブランドや企業によって開催されることが多い。

より期待感の高いブラックフライデー

 BFCMを認知したのは、Amazonのブラックフライデーとサイバーマンデーのセールがきっかけだという人も少なくないだろう。2015年ごろから日本企業も次第に開催するようなってきている。ブラックフライデーのほうが認知度や開催企業数という点でサイバーマンデーより高く、開催企業と消費者の双方にとって期待感が高いといえるだろう。

Black friday sale concept of young woman holding shopping bag

【カテゴリー別】2021年に日本でBFCMを開催した企業22選

 2021年にBFCMを開催した企業22選をカテゴリー別にご紹介しよう。

ECモール

 BFCMの代表格ともいえるECモールでは、Amazonと楽天でBFCMが行われた。大手ECモールの一角を担うYahoo!ショッピングではBFCMこそ開催されなかったものの、ブラックフライデーの前に超PayPay祭が開催され、クーポンの配布やボーナスポイントの付与が行われた。

  • Amazon:2021年11月26日(金)9:00~12月2日(木)23:59
  • 楽天:2021年11月18日(木)20:00~11月23日(火)1:59
  • Yahoo!:2021年10月18日(月)0:00~11月28日(日)23:59

総合スーパー・ショッピングモール

 大手総合スーパーやショッピングモールも、BFCMに力を入れ始めている。比較的早く取り入れたのはイオンで、スタートしたのは2016年だ。いつもの食料品や日用品が割引されることやネットスーパーとの同時開催が大きな魅力といえる。

  • イオン:2021年11月19日(金)~11月28日(日)
  • イトーヨーカドー:2021年11月17日(水)~11月30日(火)
  • コストコ:2021年11月15日(月)~11月25日(木)
  • ららぽーと:2021年11月11日(木)~11月28日(日)

家電量販店

 家電量販店は、ECモールより安い家電の目玉商品を用意していることが多い。ヨドバシ.comでは、ゴールドカード会員限定と一般向けのセールが行われ、それぞれに対象商品や限定品を変えた。ビックカメラはBFCMという名称を使ってはいないが、その時期に先駆けて約2.5日間のセールを開催した。

  • ヨドバシ.com:2021年11月26日(金)~12月2日(木)
  • ノジマ:2021年11月19日(金)~11月28日(日)
  • ビックカメラ.com:2021年10月16日(土)20:00~10月19日(火)9:00

アパレル

 全体的に販売が伸び悩むアパレルもBFCMの波に乗ろうとしている。この中でもGapがいち早く取り組み、2015年からBFCMを開始している。AdidasはLucky Box(福袋)として販売単価を上げ、かつ予約販売で在庫を抱えない販売方法を選んだ。

  • Adidas:2021年11月19日(金)10:00~11月29日(月)23:59(予約期間)
  • Gap:2021年11月18日(木)0:00~11月28日(日)23:59
  • New Balance:2021年12月1日(水)10:00~12月7日(火)9:59
  • ABCマート:2021年11月19日(金)0:00~11月29日(月)9:59
  • ZOZOTOWN:毎年11月(ショップによって開催期間は異なる)

旅行

 コロナ禍で大きな打撃を受ける旅行業界もBFCMを販売の好機と捉えている。実店舗の業務を縮小、オンライン販売にシフトすることにより割引率を引き上げて、販売促進を狙ったといえる。実際の搭乗や滞在予定日に一定の期間を設定し、下記の期間にWebサイトから事前予約することが条件だ。

  • JAL:2021年11月26日(金)0:00~11月28日(日)23:59
  • Booking.com:2021年11月18日(木)~12月1日(水)
  • Expedia:2021年11月29日(月)

 なお、大手旅行代理店のHISも2021年にBFCMを行ったが、対象がオンラインツアーと物販のみだった。

その他

 そのほかにもBFCMを開催した有名企業をピックアップしておきたい。ディズニーストアとトイザらスは実店舗とオンラインストアの両方で開催、東急ハンズはアプリで事前にクーポンを配布して店舗への来店を促進した。

  • ディズニーストア:2021年11月19日(金)~11月29日(月)
  • トイザらス:2021年11月19日(金)~11月25日(木)
  • 三越伊勢丹オンラインストア:2021年11月10日(水)10:00~11月29日(月)10:00
  • 東急ハンズ:2021年11月26日(金)~11月30日(火)

BFCMは日本に定着するか?そのための課題は?

 BFCMが開催されるタイミングはハロウィンとクリスマスとの間になる。輸入されて間もないセールだが、日本にはそのほかにもバレンタインなど、輸入されたイベントで売上を見込めるものがあり、定着すれば新たなビジネスチャンスとなることは間違いない。

 そのためにはクリアしなければならない課題がある。まず挙げておきたいのは、BFCMのタイミングが年末のボーナス支給よりやや早いことだ。ボーナス払いやリボ払い、分割払いなどに対応する必要があるだろう。次に、クリスマスから続く歳末セールや初売りと比較したときに、どのような魅力を出せるかという点である。

スマホを見る女性

 また、若年層にはSNSでの発信やモバイルファーストも忘れてはならない。EC利用時のデバイスとしてもっとも多いのはパソコンだが、年代が下がるほどモバイルの割合は上がる。年々増加するスマホでのEC利用に備えておくことも重要だ。BFCMが今後どのような展開を見せるのか、注目すべきだろう。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
今さら聞けないEC知識連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

EC研究所(イーシーケンキュウジョ)

ECについての情報を調べ、まとめてお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/11084 2022/03/27 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング