SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

創造的な自社ECサイトのつくりかた

「脱モール!」はなぜ失敗するのか 創造的な自社ECサイトのコンセプトを考える


「インク革命.COM 」など自社ECサイトを運営するシー・コネクトさんが、創造的な自社(独自ドメイン)ECサイトのつくりかたをお届けします。第1回は、運営する目的(コンセプト)を考えます。

はじめに

 独自ドメインの、自社Eコマースサイト(以下:自社ECサイト)を運営するショップは年々増えてきています。

 しかしながら、多くのショップが楽天・Amazonを始めとするショッピングモール(以下:モール)に対しての「不満」や「依存のリスク」を理由に自社ECサイトを作り、中途半端なサイト制作・運用で止まっているところが多いように思います。

 この連載では、「運営の目的」「カートの選びかた」「企画」「デザイン・UI(ユーザーインターフェース)設計」「コーディング、SEO対策」「システム」「コンテンツ制作」「アクセス解析」「リスティング広告」など、細部にわたった「創造的な自社ECサイトのつくりかた」を掲載していく予定です。興味のあるテーマがあればぜひ読んでみてください。

連載第1回は、「運営の目的」を考える

 創造的な自社ECサイトをつくるために、やるべきことはたくさんありますが、この第1回では運営する目的(コンセプト)を考えます。

自社ECサイト運営の目的を確認する

 今現在、どんな目的で自社ECサイトを運営していますか。

 さまざまな理由があると思いますが、最初に行ってほしいことがあります。それは、目的が「会社の都合」に偏っていないかチェックすることです。

 下記のような理由「のみ」で自社ECサイトを運営している場合は要注意です。

  1. モールに支払う手数料がもったいない。
  2. 売上比率に占める「モール依存度」を下げたい。
  3. 会員(顧客)データを自社資産化したい。
  4. 販売マーケットを拡大したい。

 もちろん、最初の出店のきっかけはどんな理由でも良いと思いますが、上記はすべて「会社都合」です。

 安易にモールに「依存したくない」という理由だけで自社ECサイトを運営しても、おそらく上手くはいかないです。

 ユーザー視点で見た場合、「同じ商品」を「同じ価格」で「同じよう」に買えるのであれば、新しく会員登録する必要もなく、ポイント等の汎用性も高い、大手モール内で購入したいはず。

 自社ECサイトを軌道に乗せるには、サイト運営の目的を「ユーザー視点」に切り替えることが重要となります。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
モール、自社ECサイトのメリット・デメリット比較

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
創造的な自社ECサイトのつくりかた連載記事一覧

もっと読む

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/1058 2015/11/26 17:42

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング