SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2021 December

2021年12月7日(火)10:00~16:00

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年秋号(vol.18)
特集「Cross over, Enthuse fans!~店舗、スタッフ、EC&デジタル活用の次なる一手」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

立ち上がれVMD!店舗とECをつなぐ架け橋となれ

ECが来店動機になる時代、集客施策に活用すべきはVMD視点 デジタルコンテンツ拡充で相互送客実現へ

 顧客行動の変化から、変革を求められているアパレル業界。店舗を主軸にビジネスを展開してきた企業ではECへのシフトが重要ですが、適切な顧客体験を提供し、魅力的なコマースを実現するには「店舗とECを連携させる」ことが欠かせません。当連載では、PLAY Inc.のCOOを務める齋藤和幸さんがVMDの新たな役割や店舗とECを連携させる方法を紹介します。第3回は「ECのビジュアルイメージを店舗で再現する方法」と、「VMD視点で行う店舗とECの相互送客」についてです。

 こんにちは、PLAY Inc.の齋藤和幸です。この記事を執筆している2021年10月現在は緊急事態宣言が解除されていることも影響し、店舗に活気が生まれているように感じています。今後、新型コロナウイルス感染症の拡大状況によっては、店舗のニーズが徐々に上昇していくことも想定できますが、それによってECが衰退するとは考えにくいでしょう。むしろ、店舗とECが持つそれぞれのメリットを上手く活用する顧客が増加し、双方の重要性がより高まっていくと私は考えています。今こそ店舗とECの連携を深め、協力体制を構築。より顧客に喜んでもらえるような仕組み作りに取り組むタイミングと言えるのではないでしょうか。

ECビジュアルを紐解き店舗で再現 MD設計を軸に事前準備を欠かさない

 さて、前回の記事では「ECのビジュアルイメージを店舗で再現することが重要」とお伝えしましたが、今回はより具体的にVMDが持つスキルを活用したOMO推進術をお伝えしていきます。

 視覚的な効果をもとにしたレイアウト・ディスプレイで、顧客のマインドを動かし購買につなげる。現代のVMDはこのスキルを店舗とEC双方で活かし、顧客体験を最適化するという役割を担っています。私はこれを実現するために、「ECの特集やピックアップ商品を店舗でも同じ見えかたにする」という方法を実践しています。

 もちろん、モデルを起用したりロケをしたりと、ECのクリエイティブ作成とまったく同じことを店舗で再現するのは難しいでしょう。しかし「なぜ、そのビジュアルイメージになったのか」を紐解くと、必ず店舗でも共通性を持たせることができます。たとえばモデルの画像であれば着こなしかた、置き撮りの商品画像であれば商品の周囲に配置しているプロップス(演出用の小物)を店舗でも再現する。これにより、双方が発信するビジュアルイメージを揃えることが可能となります。

 ECのビジュアルイメージには「その商品を良く見せたい」「商品の特徴をより強く際立たせたい」など、ブランドが顧客に届けたいメッセージがあるはずです。店舗では限られたスペース・アイテムとなりますが、その「メッセージが何なのか」を理解して店頭ディスプレイをすることが大切です。

 プロップスは、最近は精度の高いものが安価に入手できるようになっており、私自身100円ショップのアイテムを使用する場合もあります。少額の投資で顧客のマインドを把捉。購買につながる可能性が高まるのであれば、VMDがしっかりとリソースを割いて取り組むべきです。

 また、両者のビジュアルイメージ統一は、店舗がECの後追いで行う場合、準備期間が短くなればなるほどできることが限られてしまいます。そのため、ECにおける特集などの企画段階から「いつ・どのようなクリエイティブを作成するのか」「店舗ではどのように再現するのか」をセットで考えておくことが重要です。VMDがシーズンごとに打ち出すビジュアルイメージを決めている「シーズンVP」と同様に、それぞれのシーズンにおける販促企画として事前に組み立てておきましょう。

 なお、「シーズンVP」はそもそもMD計画に基づいて決定・推進しますが、MD計画は別注や限定企画を除き、店舗とECに共通する指標となるため、これを軸とすることで両者の連携精度がより高まると考えられます。

 私は現状、こうして企画段階から各部署が一貫したVMDを実施しているブランドは少ないと感じています。これを改善することができれば、ECで打ち出した商品を店舗が行き当たりばったりにディスプレイする、店舗在庫がなくECを見た顧客に適切な案内ができないなどの状況を回避できます。言葉では単純に「見えかたを揃える」となりますが、そのためには事前準備が欠かせないことを忘れてはいけません。

会員登録無料すると、続きをお読みいただけます

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

次のページ
EC情報の整備・拡充が相互送客の鍵 顧客を「待つだけ」の店舗から脱却を

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
立ち上がれVMD!店舗とECをつなぐ架け橋となれ連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

合同会社PLAY・齋藤 和幸 COO(サイトウカズユキ)

ドメスティック、外資系ラグジュアリーブランドの販売員から本部VMDへ。VMDとしては、アトモス(店舗雰囲気、イメージ)の店舗開発やMDにもかかわりながら、ディスプレイやデザインなどを幅広く経験。その後、EC担当として基本業務からサイトデザイン、コンテンツメイク、CRMなどの実務を行い、その経験値から...

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/article/detail/10293 2021/11/26 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2021年12月7日(火)10:00~16:00

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング