SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.09 定点観測

コミュニケーションは細やかに 決済はインフラ強化へ

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。LINE関連サービスのPR担当の皆さんに聞きました。※本記事は、2019年6月25日刊行の『季刊ECzine vol.09』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

LINE公式アカウント 新プラットフォーム提供開始

 4月18日、LINE公式アカウントの新プラットフォームの提供が始まった。LINE@からLINE公式アカウントへの移行は段階的に実施され、2019年9月末までに完了する予定だ。2018年12月に新料金プランを発表してから、すでに400以上の新アカウントが開設されていると言う。

 新プラットフォームにより、LINE公式アカウントが月額0円から利用可能になった。従来、有料プランでしか利用できなかったリッチメッセージやターゲティングメッセージなどの機能がすべてのプランで利用可能になるほか、LINE@のみで提供してきたLINEチャット(LINE@の1:1トークより改称)や、複数人とのコミュニケーションが可能な1対複数のチャットなども利用できるようになる。

 これまで、LINE公式アカウントとLINE@どちらを用いるかの選択は、主に費用の視点からなされてきた。その結果、ユーザー視点では企業・店舗から発信されるメッセージは一斉送信が多数を占めており、マス広告的な、一方通行かつ画一的なコミュニケーションが行われていたとも言える。今回の新プラットフォームの提供開始は、こうした課題を改善するためのものである。

 なお、2019年夏以降は「複数のクリエイティブを入稿して検証を行い、ユーザーセグメントに合わせたメッセージの最適化を実現するA/Bテスト機能」「ユーザーの興味・関心や行動特性に応じた最適化が行えるよう、メッセージの閲覧履歴を活用したリターゲティング・メッセージ機能」「LINE公式アカウントの配信内容や友だちへの推奨度に関するユーザーの評価を、即座に、かつ定期的に確認し、運用改善に役立てることのできるユーザーフィードバック機能」を実装予定。

 さらに、LINE公式アカウントからのメッセージ配信の結果や、店頭販促プラットフォームであるLINE Sales Promotionの実施結果を、運用型広告LINE Ads Platformの広告配信に活用するなど、LINEの法人向けサービスLINE Biz-Solutionsの各種プロダクトを横断した取り組みも可能に。2019年度中の目標として、大規模アカウント1,000件の新規開設を目指すとのこと。

 なお、リサーチプラットフォーム「LINEリサーチ」では、3月に新メニュー「チャット型リサーチ」を提供開始。あらかじめ設定した条件に合った調査対象に向けて、指定した時間にLINEのプッシュ通知でアンケートを配信することで、LINEのトーク上でチャット形式でアンケート調査を行うことができる。第一弾として、テレビ番組やタイムCM、タイアップ広告やプロダクトプレイスメントに関する調査が可能な「TV番組評価調査パッケージ」の提供を開始している。

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に
掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。
季刊『ECzine』定期購読はこちら 記事単体購入プランはこちら 記事読み放題プランはこちら

次のページ
テイクアウト「LINEポケオ」で検索~事前決済まで可能に

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.09 定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/6767 2019/09/13 12:43

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング