SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.22定点観測

YouTubeでライブコマース実現 Shopify連携でシームレスな購買体験へ

 EC事業者がおさえておきたい13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。リワイアの岡田さんに、Googleについて聞きました。※本記事は、2022年9月25日刊行の『季刊ECzine vol.22』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

オーガニックも広告もリッチに ソーシャルコマースの流れへ

 毎年恒例となった、Googleが広告プロダクトのアップデートを発表する年1回のイベント「Google Marketing Live」が、2022年5月に開催された。そこで紹介された小売とショッピングの機能に関しては、Google広告ヘルプページに11のトピックスとしてまとめられている。ポイントを岡田さんに解説してもらった。

 「まず、Googleを使ったショッピング体験について、より使いやすく、購買に結びつきやすいインスピレーションを得てもらうためのアップデートを強調しています。『1. より視覚的なインスピレーションをGoogle 検索のユーザーに提供します』や『2. マルチ検索により、ユーザーが商品を見つけやすくなります』に象徴されるように、検索結果に表示される画像や動画を増やし、よりビジュアル重視にしていく方針がうかがえます」

 従来、Google検索はテキストをメインとしていた。検索は必要な情報にたどり着くための手段であり、目的により速くたどり着けるほどユーザーのためになるという理由からだ。だが、Google検索が提供された当初と比較すると現在の通信速度は劇的に上がり、画像表示によるレスポンスの差は微々たるものになった。またショッピングが目的となると必ずしもテキストだけの情報提供が最適とは言えないだろう。

 オーガニックがビジュアル重視になるのであれば、広告はさらにリッチな表現が求められる。「5. 視覚に訴える広告エクスペリエンスを Google 検索でユーザーに提供して、商品をアピールしましょう」、「7. YouTube ショートとYouTube 検索の商品フィードを活用できます」がそれを物語っている。

 「ショッピング広告用の画像そのものが重要になってきます。ヘルプページのサンプルを見ていただければわかるように、シンプルな物撮り画像ではなく、モデルが着用したり、実際に利用しているシーンのビジュアルが掲載されています。視覚に訴え、ユーザーがその商品を具体的に想像しやすくするわけです。そしてこのビジュアル重視の流れは、ソーシャルコマースの流れにつながっていくものと見ています」

 なお、「4. ユーザーの購入プロセスを効率化します」の項目については、当初「Googleから直接、広告主様のウェブサイトの購入手続きプロセスに直接進むことができます」とだけ説明が記載され、一部のEC事業者のアカウントで実験が進められていたようだ。そして、7月に発表されたのがShopifyとYouTubeの提携である。インフルエンサーが利用する管理画面YouTube Studioに商品情報が連携され、YouTubeの動画を通じて販売できるというものだ。

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に
掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。
季刊『ECzine』定期購読はこちら 記事単体購入プランはこちら 記事読み放題プランはこちら

次のページ
ShopifyとYouTube提携 EC事業者は動画を始めよう

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.22定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/11740 2022/09/08 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング