SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.19定点観測

消費の9割はまだオフライン シームレスな物流がOMO推進を助ける

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。オープンロジの伊藤さんに、物流について聞きました。 ※本記事は、2021年12月24日刊行の『季刊ECzine vol.19』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

在庫・物流連携を安価に実現し顧客がチャネルを選べる環境構築へ

 経済産業省の「令和2年度電子商取引に関する市場調査」によると、2019年は10兆515億円であった物販系分野の市場規模が2020年には12兆2,333億円にまで拡大している。しかし、EC化率で見るとBtoC-ECは8.08%に留まり、まだ消費の9割以上がオフラインなのが実情だ。

「EC市場が今後も拡大するのは間違いありませんが、直近は相当数の顧客がオフラインで購入し続ける状況であるのも事実です。D2CなどEC専業の企業も、事業拡大を図るにはオフラインの店舗網作りを視野に入れなくてはなりません」

 店舗と言えども、商品を陳列し、スタッフが接客する従来型の方式を採らなければならないわけではない。アメリカの小売ではすでに主流であるBOPIS(Buy Online Pick-up In Store)やClick&Collectのように、ハイブリッドな購入方法を提示するのが、これからの時代に必要な体験と言える。

「海外では、BOPISやClick&Collectは店舗滞在時間を減らし、接触リスク低減にもつながるため、コロナ禍で需要が拡大しました。しかし、これらはただ店舗に窓口を構えるだけではなく、店舗・EC在庫や顧客データの一元化、組織構成や評価制度の変更など乗り越えるべき多くの壁が存在します。また、顧客体験をリッチにするには、オムニチャネルやOMOの実現に加え、それらを支える物流環境の構築も欠かせません」

 EC購入した商品の店舗受取を実現するには、リアルタイムで各店舗の在庫状況を把握できる仕組みを持つ必要がある。店舗注文のEC発送についても、倉庫に商品がなければ対応できないため、在庫状況の把握をシームレスにすることは必須だ。

 こうした環境整備について、かつてはコストと時間がかかり、大手企業でなければ導入が難しいと考えるきらいがあったが、「最近はオンオフを連携しつつ、フルフィルメントサービスを提供するECカートも存在するため、中小企業でも着手しやすくなっている」と伊藤さんは言う。

「たとえば『STORES』には、ネットショップ開設サービスだけでなく、キャッシュレス決済や予約システムの導入を容易にする仕組みが存在するほか、当社と業務提携し商品保管・配送代行をする『倉庫サービス』もあります。加えて、2021年6月よりレジアプリ『STORES レジ』の提供も開始したため、実店舗運営に必要な商品データをPOSシステムに入力すれば、そのままECと連動した在庫管理や注文確認、売上分析が可能です。『Shopify POS』も同様に、店舗とECの在庫を一元管理できる仕組みとして注目を集めています。

 従来、店舗とECそれぞれの基幹システムをつなげるのは複雑であり、費用と労力がかかると思われていましたが、今はソフトウェアを組み合わせればそこまで負担を強いられることなく、レガシーなシステムを刷新できる時代です。大手アパレル企業でも一部のブランドからこうした仕組みを導入する動きが見られています。選択肢のひとつとして、頭の片隅に入れておきましょう」

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。

次のページ
POPUPやRaaS店舗はPR施策ととらえた活用も吉

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
季刊ECzine vol.19定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/10627 2022/02/17 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング