SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

季刊ECzine vol.19定点観測

食品ECに商機を見出す国内モール 2022年は消費者動向の見極めが鍵に

 EC事業者がおさえておきたい、13のテクノロジー関連トピックスの「定点観測」。いつもの羽田野さんに、モールについて聞きました。 ※本記事は、2021年12月24日刊行の『季刊ECzine vol.19』に掲載したものです。

電子版(誌面)はこちらから閲覧できます。

販促強化で売上伸ばす各モール 楽天グループは新セレクトEC運営へ

 2021年夏から秋にかけての動向として、羽田野さんは「自身がウォッチする店舗では、各モールともに8月は伸び率が鈍化する様子が見られたが、9月からは売上を伸ばしている」と話す。

「9月の売上伸長要因としては、急激な気候の変化によ って冬物商品の需要が増えたことや、多くの都道府県で発出された緊急事態宣言による外出自粛などが影響していると推測しています。こうした消費者動向に加え、各モールが行った販促施策がより効果を発揮したと言えるでしょう。国際的なスポーツの祭典が無事に終了したことも、変化の一因と考えられます」

 楽天市場は「楽天スーパーセール」を9月4日から11日まで開催し、同セールにおける過去最高の売上を記録。 Yahoo!ショッピングでは、「5のつく日キャンペーン」に合わせた販促イベントが功を奏した。また、前号の定点観測で紹介したQoo10も、9月1日から9日にかけて実施した「メガ割」、および10日の「いいショッピングQoo10の日」の効果によって、過去最高の流通総額となっている。

 続いて羽田野さんは、楽天グループが新たに展開を進めている「Premium Food Select」について紹介した。同ショップは、「全国に眠る魅力的な商品を、楽天が販売することで、日本の食文化の可能性を広げてゆくショップ」とトップページに記載があるように、楽天グループが運営を実施。洋和菓子や外食チェーン店の自宅食セットなど、さまざまなジャンルの商品が並んでいる。

 「あくまで私の憶測ですが、こうした取り組みは楽天グループが事業者と新たな形での付き合いかたを模索していると考えることができます。食品ECは、温度管理が必要な商品が多く、冷蔵・冷凍便を使用することで配送コストがかさむことから、ほかのジャンルに比べて参入障壁が高いと感じている事業者も存在します。社内のリソース不足から出店を諦める事業者に対し、仕入れ(在庫管理)や運用を楽天グループが担うことで、モール参入のハードルを下げようとしているのではないでしょうか」

 Premium Food Selectでこうした課題解決ができれば、食品EC市場の活性化もより進むだろう。2021年12月2日時点では22ブランドの取り扱いだが、今後同ショップがどう拡大・進化を遂げるのか要注目である。

この記事は、紙の雑誌『ECzine』に
掲載した限定公開の記事です。
続きは以下の方法でお読みいただけます。
季刊『ECzine』定期購読はこちら 記事単体購入プランはこちら 記事読み放題プランはこちら

次のページ
Yahoo!ショッピング×LINEギフトで EC事業者の販路拡大を支援

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
季刊ECzine vol.19定点観測連載記事一覧

もっと読む

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/premium/detail/10625 2022/02/08 07:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング