SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Spring

2022年3月17日(木)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2021年冬号(vol.19)
特集「Accelerate OMO ~人×テクノロジーでアップデートする店舗DX~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

持続可能な⾷品流通システムヘ AI需要予測のDATAFLUCTと食品卸の国分グループが資本業務提携

 DATAFLUCTと国分グループが資本業務提携に関する基本合意を締結した。資本業務提携の基本合意内容は次のとおり。

  • DATAFLUCTのAI技術を活⽤した需要予測システムを国分グループの汎⽤、専⽤物流センターに導⼊の上、受発注や在庫管理の⾼度化、精度向上により在庫削減を実現する
  • ⻘果を中⼼とした⽣鮮⾷品のサプライチェーンにおけるイノベーション創造を実現するための共同事業化に向けた検討を開始する
  • 2021年度中のDATAFLUCTへの出資を含む資本業務提携契約を締結する

 ⾷品流通においては、⽣産、出荷、流通、加⼯・販売、消費などの商流・物流が多岐に渡るため、サプライチェーンの各過程における需要予測が難しく、その過程で⾷品ロスが発⽣しているという現状がある。

 データサイエンスをすべての産業に届け企業の課題を解決し、その先の「サステナブルアルゴリズムの社会実装」を⽬指すDATAFLUCTは、⾷品ロスの解決も注⼒テーマのひとつと考え、複数のサービスを展開してきた。

 国分グループは国内外の約10,000の仕⼊先から約60万もの商品を仕⼊れ、296カ所の物流センターによって国内全域をカバーする物流ネットワークを形成している。卸売業という流通での⽴ち位置を⽣かし、サプライチェーンの最適化に向けた取り組みを続けている。

 今回の資本業務提携に関する基本合意は、データ活⽤で⾷のサステナビリティを実現したいと考える両社の思いが⼀致し、締結に至った。今後は、DATAFLUCTが持つ⾼度なデータサイエンスの技術とデータビジネスに関する知⾒、国分グループが持つ⼤規模なネットワークと⻑い歴史の中で蓄積してきた膨⼤なデータを掛け合わせ、持続可能な⾷品流通システムの実現を⽬指す。

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/9872 2021/10/04 16:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年3月17日(木)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング