SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

楽天モバイルユーザーの62.9%が楽天市場を利用 サービス間のシナジー効果で成長を目指す楽天グループ

 楽天グループは9月2日、オンラインセミナー「楽天EXPO 2021」を開催。同社の代表取締役会長兼社長 最高執行役員を務める三木谷浩史氏が登壇し、2021年度における楽天市場の成長動向や、同社の今後の戦略について話をした。

三木谷氏

 2021年度上半期における、同社の国内EC流通総額は約2兆3,000億円となっており、コロナ禍で需要の高まりがあった2020年度の同期比で17%上昇。また、過去2年間におけるショッピングECの平均成長率が23.6%上昇していることや、コロナ禍で増加した楽天市場ユーザーの定着率が約76%となっていることなどから、同社は2021年度の年間目標を5兆円に設定している。また、2021年6月に取得した楽天市場のNPSスコアは、2020年1月と比較して9ポイント上昇。日経BPコンサルティングが提供する「Webブランド調査」では2021年春夏における1位を楽天市場が獲得した。

 今後の展開として三木谷氏は、総合的なサービスを提供することでショッピングの需要を増加させる計画、とくに楽天モバイルと楽天市場のシナジー効果による事業拡大を目指すと言う。

 楽天モバイルは現在、MNOとMVNOを合わせた契約数が500万回線以上となっており、サービス提供開始からのユーザー獲得ペースは楽天カードの4.8倍の速度。今後はユーザー数を2,000~3,000万人に伸長させることを目指す。また、2021年6月の楽天グループ全体のサービスにおいて、新規ユーザーの約20%は楽天モバイル経由であることなどから、他サービスとのシナジー効果を見込んでいる。

 楽天モバイルと楽天市場の関連性については、楽天モバイルユーザーの62.9%が楽天市場で買い物をしていることや、楽天市場におけるユーザーの年間流通総額が楽天モバイル加入後に約77%増加することなどを挙げた。続いて楽天市場での現在の取り組みについて三木谷氏は、「送料込みラインの導入店舗拡大」「配送効率化」「楽天ポイントの利用拡大」の3つに注力していると紹介した。

楽天市場利用総額77%増グラフ

 送料込みラインは、楽天市場の対応ショップ内同一注文の購入合計金額が税込3,980円以上の場合に、送料が無料となるサービス。楽天市場における同サービスの導入店舗は現在90%を超えている。またセミナー内では、同サービスの導入店舗は未導入店舗に比べて流通総額成長率が25%高いという結果も示された。

 配送効率化については、楽天グループが日本郵便と業務提携を行い、2021年に新たに設立したJP楽天ロジスティクスでの取り組みを挙げた。物流拠点の増加や自動化を推進し、北海道や沖縄県も含めた全国で統一されたサービスの提供を目指していくとのこと。

 楽天ポイントの利用拡大については、楽天グループが提供する楽天ポイントの倍率を挙げるサービス「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」の浸透によって、同社が提供する他サービスの多重利用が促進されていることを挙げた。また、楽天市場におけるポイント利用額は、発行額に比べて1.6倍となっていることから、楽天ポイントの利用拡大による楽天市場のメリットは大きいと説明した。

 最後に三木谷氏は、今後の目標として2030年における同社の国内EC流通総額を10兆円まで拡大するという話や、同社の新型コロナウイルス感染症ワクチン接種への協力体制について述べ、セミナーを締めくくった。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/9588 2021/09/02 17:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング