SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

「Instagramショップ」専用タブ内で広告提供開始 日本も対象

 Instagramは8月24日(米国時間)、「Instagramショップ」の専用タブ内で広告の提供を開始した。

 利用者ごとにパーソナライズされた商品や投稿、ショップ機能を活用してビジネスが作成したコレクション(複数の商品をテーマごとにまとめて表示する形式)に加えて広告も表示されるようになることで、利用者がさらにブランドに出会いやすく、充実したショッピング体験が生まれる。今回のアップデートは、Instagramショップの専用タブが利用可能な全ての国(日本を含む)が対象。

「Instagramショップ」の専用タブ内広告

 Instagramショップの専用タブ(アプリ画面の下部、右から2番目のショッピングバックのアイコン)を開くとトップページに表示される。商品タグ付きの投稿などと並んでタイル状に表示され、広告をタップすると商品詳細ページに遷移し、価格などの詳細や画像を確認したり、広告主が提供している他の商品を閲覧することができる。また、商品を保存して後で購入できるようにリストに追加したり、紙飛行機のアイコンをタップして友人にシェアすることも可能。Instagram上の他の広告と同様に、広告を非表示にしたり、報告することもできる。

  Instagramショップは2020年7月に発見タブ内の機能としてローンチし、11月にアプリ画面のデザインを一部変更した際、専用タブを導入した。利用者の興味関心に合わせて投稿やブランドを表示するほか、ショッピングをテーマにしたInstagramによる公式アカウント「@shop」のエディターがおすすめする商品も紹介するなど、アプリの中でウィンドーショッピングのような体験を楽しめる場所になっている。また、ビジネスにとっては、自社に興味を持っている潜在顧客にリーチできる場でもある。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/9516 2021/08/25 10:12

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング