記事種別

ロクシタンとヤマト運輸、製品国内流通の最適なサプライチェーン構築に向け戦略的パートナーシップを締結

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2021/04/23 05:00

 ロクシタンジャポン(以下、「LOJ」)とヤマト運輸(以下、「YTC」)は、ロクシタン製品購入者の満足度向上に向け、YTCが保有する全国110ヵ所以上の倉庫ネットワークと輸配送ネットワークを組み合わせ、日本国内での店舗および公式通販サイト販売における最適なサプライチェーンの構築を実現する戦略的パートナーシップに合意したことを発表した。

 ECの拡大で販売チャネルの多様化が急速に進むなか、企業には消費者ニーズに合わせた、より柔軟なサービス提供が求められている。特に新型コロナウイルスの感染拡大で、店舗、EC双方の販売拡大に資するサプライチェーンの再構築は、多くの企業にとって重要な経営課題になっている。

 LOJは、今後予測される物流の増加と消費者ニーズの多様化に対し、店舗・公式通販サイトにおける流通コストおよびオペレーションの最適化を図っていくことが課題となっており、サプライチェーン全体を改革するパートナーを模索していた。また、ロクシタンがブランド創設以来長年にわたり取り組んできた環境保全活動と意思を同じくする企業とのパートナーシップを進めることで、さらなる多くの環境負荷低減の取り組みを目指していた。

 YTCは、法人企業に向けた物流の効率化、在庫の最適化に加え、物流を通じた販売促進支援など、企業成長に資するサプライチェーン変革を支援する価値提供を推進。YTCの強みである全国の倉庫ネットワークや輸配送ネットワークのシームレスな結合とデジタル情報の可視化を通じ、店舗、EC双方の在庫を適正化し、スピード納品、輸配送コストの低減など企業の経営に資するサプライチェーン構築の最適化を提供している。

 今回、両社は戦略的パートナーシップを結び、顧客満足度のさらなる向上に向けたサプライチェーン全体の変革を目指す。また、日本でのサプライチェーンモデルを確立後、グローバルスタンダードのモデルとしてロクシタングループ各国への展開を予定している。

戦略的パートナーシップ合意書に関する内容

 両社が連携し、日本国内の店舗、および公式通販サイトで流通するロクシタン全製品について、購入者にとって価値の高い、最適なサプライチェーンを構築。

 ヤマトグループの国内外の緻密な輸配送ネットワークと、110ヵ所以上の倉庫ネットワークを組み合わせ、ネットワーク上で店舗・公式通販サイト在庫を絶えず一体で流動化させ、各状況に合わせた最適な輸送方法をTMS(Transport Management System)でコントロールすることで、在庫の偏りや欠品の解消、輸送コストの低減やスピード配送・納品を実現する。

 最適化されたサプライチェーンにより、店舗販売員が販売に注力できる環境や、公式通販サイト購入商品の受取可能日の前倒し、受け取り方法の多様化など、購入者の満足度向上をはかる。

 両社は取り組みの目標として次の点を掲げ、今後グローバルスタンダードモデルとしてロクシタングループ各国への展開を目指すとのこと。

  • ロクシタンジャポンの物流コストの削減
  • 3年後、化粧品業界で評価される高性能 DCの確立
  • 3年後、ロクシタングループのグローバル高性能フラッグシップDCの確立
同パートナーシップにおいて両社で目指す姿
同パートナーシップにおいて両社で目指す姿


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2018年06月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5