記事種別

PayPayユーザー数が3,500万人を突破 2021年は金融プラットフォームへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2021/01/06 05:00

 キャッシュレス決済サービス「PayPay」が、2021年1月4日にユーザー数が3,500万人を突破。2018年10月5日にサービスをスタートして以降、1日平均で約4.2万人が新規でアカウント登録を行った計算となる。現在もユーザー数は順調に推移しているとのこと。

 PayPayは、サービス開始当初の「100億円あげちゃうキャンペーン」を皮切りに、「ワクワクペイペイ」や「ペイペイジャンボ」など、スマホ決済だからこそ可能な独自のキャンペーンを数多く実施し、街のお店での利用を推進する「まちかどペイペイ」など、全国でキャッシュレス化の推進に取り組んできた。また、「PayPay」に「タクシー配車」や「ボーナス運用」など、PayPayアプリ内でパートナー企業が提供するサービスを利用できる「ミニアプリ」を搭載し、「決済」アプリから「スーパーアプリ」へと進化。2020年は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響が広がる中、「PayPayピックアップ」などのニューノーマルに則したサービスを開始し、ユーザーや加盟店のニーズに応え、経済活動促進に取り組んできた。

 2021年は、Zホールディングスの傘下、またはZHDが株式を保有する金融事業会社6社の社名およびサービス名が、「PayPay」ブランドへ統一される。PayPayは、「PayPay」ブランドを冠する各社、各サービスとのシナジーを高め、金融プラットフォームとして成長することにより、ユーザーや加盟店にとって、より利便性の高いサービスを提供していく考え。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2018年08月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5