記事種別

2割以上がコロナ禍で総合EC利用頻度アップ 総合EC利用トップはAmazonが7割/MMD研究所調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2020/12/21 05:00

 MMD研究所は、2020年10月31日~11月2日の期間で「コロナ禍での総合ECサイトに関する調査」を実施。予備調査では全国の15~69歳男女10,000人、本調査ではAmazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングのメイン利用者900人を対象に聴取を行った。

 同調査の結果は、次のとおり。

コロナ流行期含めた総合ECサイト利用トップは「Amazon」7割 メイン利用は「楽天市場」が4割

 全国の15~69歳男女10,000人を対象に、総合ECサイトの利用経験を聞いたところ(複数回答可)、90.1%が総合ECサイトを利用したことがあると回答した。利用経験のある総合ECサイトは「Amazon」が69.7%でもっとも多く、次いで「楽天市場」が68.7%、「Yahoo!ショッピング」が46.9%となった。

 次に、総合ECサイトを利用したことがある人を対象に、メイン利用の総合ECサイトを聞いたところ、「楽天市場」が41.4%でもっとも多く、次いで「Amazon」が38.1%、「Yahoo!ショッピング」が13.0%だった。

総合ECサイト利用者のうち、コロナ禍で利用開始4.8%、利用頻度増加は21.3%

 総合ECサイトを利用したことがある人を対象に、コロナウイルス流行前後での総合ECサイト利用状況を聞いたところ、「2020年4月以降、利用頻度が増えた」利用者は21.3%、「2020年4月以降、利用開始した」利用者は4.8%となった。

コロナ禍で総合ECサイト利用頻度増加、10代・60代男性と女性全世代

 総合ECサイトを利用したことがある人を対象に、コロナウイルス流行前後の総合ECサイト利用頻度を聞いたところ、2020年3月以前は「2ヶ月に1回未満」が27.0%、2020年4月~5月は「月1回」が26.0%、2020年6月~7月は「月1回」が26.1%、2020年8月~10月は「月1回」が26.9%でそれぞれもっとも多い結果に。2020年3月以前は「2ヶ月に1回未満」が27.0%だったが、2020年4月~7月は「2ヶ月に1回未満」の利用者はいないことがわかった。

 次に、2020年3月以前と2020年8月~10月の期間を抜粋し、総合ECサイト利用頻度としてもっとも多かった項目を性年代別で見ると、2020年3月以前では、男性は10代(n=260)のみ「2ヶ月に1回未満」で、20代(n=694)・30代(n=790)・40代(n=1,032)・50代(n=908)・60代(n=877)は「月1回」。女性は全世代[10代(n=255)・20代(n=644)・30代(n=752)・40代(n=1,009)・50代(n=897)・60代(n=892)]で「2ヶ月に1回未満」となった。2020年8月~10月では、男性10代は「2ヶ月に1回」、男性60代は「月2~3回」となり、3月以前と比べ増加。男性20~50代は3月以前から8~10月にかけて「月1回」と変化はなかった。女性10~50代が「月1回」、60代が「月2~3回」となり3月以前と比べ増加した。

AmazonとYahoo!ショッピングは「品揃えが豊富」、楽天市場は「ポイントが貯まりやすい」

 総合ECサイト利用者のうち、2020年4月以降に利用開始した435人に、総合ECサイトを利用開始した理由を聞いたところ(複数回答可、「特に理由はない」除く)、上位3サイトでは、Amazon利用者(n=226)が「品揃えが豊富だから」がもっとも多く36.3%、次いで「商品が探しやすいから」が27.4%、「商品が届くまでの期間が短いから」が25.7%となった。楽天市場利用者(n=187)は「ポイントが貯まりやすいから」がもっとも多く40.1%、次いで「ポイントが使いやすいから」が36.9%、「品揃えが豊富だから」が35.8%。Yahoo!ショッピング利用者(n=148)は「品揃えが豊富だから」がもっとも多く29.7%、次いで「ポイントが使いやすいから」が27.7%、「ポイントが貯まりやすいから」25.0%だった。

 続いて、総合ECサイト利用者のうち、2020年4月以降に利用頻度が増えたと回答した1,923人に、総合ECサイトの利用頻度が増えた理由を聞いたところ(複数回答可、「特に理由はない」除く)、上位3サイトでは、Amazon利用者(n=949)が「品揃えが豊富だから」がもっとも多く45.4%、次いで「商品が探しやすいから」が38.8%、「商品が届くまでの期間が短いから」が38.7%となった。楽天市場利用者(n=882)は「ポイントが貯まりやすいから」がもっとも多く56.3%、次いで「ポイントが使いやすいから」が51.2%、「品揃えが豊富だから」が37.9%となった。 Yahoo!ショッピング利用者(n=391)は「ポイントが貯まりやすいから」がもっとも多く48.3%、次いで「ポイントが使いやすいから」が44.0%、「品揃えが豊富だから」が28.4%という結果となった。

メイン利用の総合ECサイトでもっとも関連サービスを利用されているのは楽天市場で93.6%

 総合ECサイトの利用上位3サイトAmazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングのメイン利用者各300人に、総合ECサイトの関連サービスを利用しているか聞いたところ、Amazonは75.3%、楽天市場は93.6%、Yahoo!ショッピングは93.0%が関連サービス利用者であることがわかった。

 また、関連サービス利用者に利用中のサービスを聞いたところ(複数回答可)、Amazon利用者(n=226)は「Amazonギフト券」がもっとも多く60.2%、次いで「Amazonポイント」が55.8%、「Amazonプライム」が50.9%となった。楽天市場利用者(n=281)は「楽天ポイント」が74.0%、次いで「楽天カード」が67.6%、「楽天銀行」が38.3%となった。Yahoo!ショッピング利用者(n=279)は「Tポイント」が77.4%、「PayPay」が52.3%、「Yahoo!プレミアム」が43.7%となった。

調査概要
  • 調査期間:2020年10月31日~11月2日
  • 有効回答:予備調査10,000人、本調査900人
  • 調査方法:インターネット調査
  • 調査対象:
    <予備調査>全国の15歳~69歳の男女
    <本調査>Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングの各メイン利用者


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2015年07月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2021 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5