SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

大規模ネットショップほどカートシステムに満足 カスタマイズ性は依然課題も/ECマーケティング調査

 ネットショップコンサルティングのECマーケティングでは、月商1,000万円未満/1,000万円以上のそれぞれのウェブ担当者に対し、ネットショップの運営に関しての生の声を聴くために、「カートシステムの満足度」についてアンケート調査を実施した。

回答者ネットショップ概要

  • アンケート回答者:月商1,000万円未満のネットショップのウェブ担当者111人
  • アンケート回答期間:2020年10月21日

担当ウェブサイトは総合小売が最多 「アパレル」「健康食品・サプリ」が続く

 回答者に、担当しているウェブサイトの業界(複数ある場合はもっとも売上の大きなサイト)について聞いた結果、月商1,000万円未満、月商1,000万円以上のネットショップともに、「総合小売」が圧倒的に多く、次いで「アパレル」「健康食品・サプリ」となった。

 月商1,000万円未満のネットショップでは、「食材・食品」(4.5%)「アクセサリー」(4.5%)がある程度存在するのに対して、月商1,000万円以上のネットショップではほとんどないのが特徴的で、月商1,000万円未満のネットショップでは食品やアクセサリーに特化したネットショップが多く、月商1,000万円以上のネットショップでは「総合小売」のなかで食品やアクセサリーを販売しているため、こうした結果になったと予想される。

 反対に「家具・インテリア」に関しては、月商1,000万円以上のネットショップはある程度存在しているが、月商1,000万円未満でほとんどないという結果となった。

利用カート、月商1,000万円未満のショップは無料・安価で構築可能なカートシステムの利用が少ない傾向に

 担当しているウェブサイトで使用しているカートシステム(複数ある場合はもっとも売上の大きなサイト)についてたずねたところ、月商1,000万円未満のネットショップでは、「コマース21」が20.9%で一番多く、次いで「EC-CUBE」が13.6%、「ebisumart」が11.8%という結果に。月商1,000万円以上のネットショップでは、「EC-CUBE」が27.5%でもっとも多く、次いで「ecbeing」が10.1%、「BASE」が10.1%だった。

 月商1,000万円未満のネットショップでは、BASE、Shopify、STORESなど、無料や低価格で構築可能なカートシステムが少なく、反対に月商1,000万円以上のネットショップではスクラッチ開発がほとんどなく、オープンソースのEC-CUBEがもっとも多いことがわかった。

大規模ネットショップほど利用しているカートに満足度高い傾向 カスタマイズ性が影響か

 続いて、現在利用しているカートシステムの満足度を聞いた。

 月商1,000万円未満のネットショップでは、「満足」が39.4%で最多、次いで「どちらかというと満足」が29.3%、「大変満足」が16.2%。月商1,000万円以上のネットショップでは、「大変満足」が42.3%でもっとも多く、次いで「どちらかというと満足」が28.9%、「満足」が20.6%となった。

 満足度でいうと、月商1,000万円以上のネットショップのウェブ担当者が、満足度が高いという結果に。月商1,000万円以上のネットショップでは、EC-CUBEの利用がいちばん多く、オープンソースゆえに多くのカスタマイズが可能な点で、満足度が高い傾向にあると推察される。

小規模ネットショップは価格に満足 一方、大規模ネットショップは使い勝手に満足度感じる

 利用しているカートシステムの満足している部分について質問した。

 月商1,000万円未満のネットショップでは、「コスパが良い」が60.6%多く、次いで「今の売上規模に合っている」が38.4%、「管理画面が使いやすい」が35.4%。

 月商1,000万円以上のネットショップでは、「今の売上規模に合っている」が70.1%でもっとも多く、次いで「管理画面が使いやすい」が64.9%、「全体的に機能が充実している」が58.8%となった。

 満足している部分を多く答えたのは、月商1,000万円以上のネットショップのウェブ担当者で、月商1,000万円以上のネットショップでは、売上規模が大きく、多くの経験があるうえで課題点の多くを改善してきたことで満足な点が多いと考えられる。

カートに対する不満、大規模ネットショップはカスタマイズのしにくさがカスタマイズしやすさを逆転

 ASPカートの不満な部分については、月商1,000万円未満のネットショップでは、「コストが高い」が29.3%、「機能が複雑」が29.3%で、同率で最多となり、次いで「全体的に機能が不十分だと思うところがある」が17.2%、「カスタマイズしにくい」が17.2%となった。

 月商1,000万円以上のネットショップでは、「今の売上規模に合っていない」が44.3%でもっとも多く、次いで「全体的に機能が不十分だと思うところがある」が40.2%、「コストが高い」が39.2%だった。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/8526 2020/11/15 05:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング