記事種別

2019年ジュエリー国内市場は前年比103% 通販チャネルでの購買が年々目立つ傾向に/矢野経済研究所

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2020/09/28 06:00

 矢野経済研究所は、国内宝飾品(ジュエリー)市場について調査を実施し、現況、参入企業の動向、および将来展望を明らかにした。

市場概況

 2019年の国内宝飾品(ジュエリー)小売市場規模は、前年比103.0%の9,851億円と、前年に引き続き微増ながらもプラス成長となり、3年連続で増加する結果となった。

 2019年10月の消費税率引き上げを受けて、10月以降は買い控えが顕著に表れたものの、増税直前である第3四半期(2019年7月~9月)の駆け込み需要が予想より大きく、金額ベースにおいて落ち込みを抑えることができた。一方で、クリスマス商戦においては実店舗における来店客数の減少に加え、成約に至るケースの落ち込みが大きかったとのこと。クリスマスプレゼントにおいても通販チャネルでの購買が年々目立つようになっており、店頭の賑わいを減らしている一因ともなっているという。

注目トピック

令和婚によりブライダルジュエリー市場が12年ぶりに増加

 令和元年になった年を結婚記念にしたいと考えるカップルによる「令和婚」により、2019年の婚姻組数は、前年比102.1%と7年ぶりに増加<厚生労働省「令和元年(2019)人口動態統計月報年計(概数)」/2020年6月発表>。その結果、2019年のブライダルジュエリー市場も前年比0.7%増とわずかではあるが12年ぶりに増加している。

 一方で、昨今の若者は形式にこだわらない風潮もあり、婚約指輪や結婚指輪の取得率は減少傾向にあるなど、婚姻組数の増加がそのままブライダルジュエリー市場の拡大には寄与していない現状もある。

将来展望

 2020年の国内宝飾品(ジュエリー)小売市場規模は、前年比74.3%の7,320億円を予測。生活必需品と比較して不要不急にあたるジュエリーは、消費マインドが低下するなかでの購買に期待を持ちにくいと推察される。また、ジュエリー業界には中小零細企業が多く、在庫負担や営業の自粛による直接的な打撃を無視できないものとなっている。コロナ禍の影響は、リーマンショックを超えるほどの落ち込みになると予想される。

調査要綱
  • 調査期間:2019年8月〜2020年8月
  • 調査対象:宝石専門店チェーン、百貨店や時計宝石店および呉服などの異業種宝飾参入企業、インポートジュエリーブランド企業など
  • 調査方法:同社専門研究員による電話および直接面談によるヒアリング、および郵送アンケートを併用


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2016年02月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5