SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

ファッションリユース「BAZZSTORE」がShopifyでECリニューアル 初月売上1.5倍に

 ファッションアイテムのリユースショップ「BAZZSTORE(バズストア)」を運営するリンクは、ECプラットフォーム「Shopify(ショッピファイ)」の利用を開始したところ、初月で売上1.5倍、 販売管理費を5割削減することに成功したと発表。

 同社では、買取アイテムが136万個(2020年4月時点)を突破し、 サーバー負荷や、 アイテム登録、 運用課題を多数抱えていたため、Shopifyにリプレース。同社による、従来利用していたサービスからShopify導入による変化は以下のとおり。

商品掲載の自動化

 年間365時間以上削減。

決済手段の高速化

 Amazonペイメント、 Apple Pay、 Google Payの決済サービスの導入が容易。

コンバージョン率増加

 ページからカート、 決済導線までが簡素化、リピーター率も増加。

マーケティング自動化

 カゴ落ち対策の自動フォローメールで売上アップ。

サーバー負荷等のインフラ簡素化

 従来はサーバー管理に手間がかかり、検索負荷、 対応に追われることがあったが、Shopifyを導入することにより営業案件にのみ注力できるようになった。

デザイン

 ウェブ運用が未経験なスタッフでも直感的に修正できる。デザインテンプレートは有料のものでも ほとんどが1~2万円と低価格で、導入も容易。

新規機能の開発コスト大幅削減

 Shopifyには機能追加アプリが多数あり、ほとんどが14日間無料で試すことができ、納得いったものを使い続ける選択ができる。数百円のものでも十分な機能として使えるため、初心者でも安心できる。 海外製アプリでも、 作成元から丁寧な問い合わせ返答がもらえ、 不具合にも迅速に対応してくれることが多い。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/7709 2020/04/21 14:27

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング