記事種別

パナソニック、「Vieurekaカメラ」を活用した来客分析サービスをサツドラに納入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2019/09/11 15:00

 パナソニックは、サッポロドラッグストアーが運営するドラッグストア「サツドラ」の3店舗に、IoT機器側で映像のAI処理を行うIoTエッジコンピューティングを実現する「Vieurekaプラットフォーム」を用いた来客分析サービスの納入を発表。

 同サービスを活用するサツドラ月寒西1条店では、Vieurekaカメラを96台導入し、商品棚などレイアウト変更の効果測定やマーケティングに活用している。

サツドラにおけるVieurekaプラットフォーム活用内容

来客分析による店舗設計

 レイアウト変更、定番・エンド・サイドネットへの商品展開、サンプル品展示の効果の定量化、ID-POSではわからない来客の実態把握を行う。

取引メーカーとのデジタルトランスフォーメーションの取り組み

 パナソニックが提供する顧客の行動データと、サツドラのPOSデータ・棚割データを取引メーカーと共有。共同で検証・ノウハウ取得を図る取り組みを実施する。店舗運営・商品マーケティング・技術の各方面から実運用に即したデジタルトランスフォーメーションの検討を行う。

最新技術の試行

 Vieurekaカメラ内のアプリケーションをクラウドから容易にアップデート・管理できるデプロイ機能により、来客分析サービスの最新バージョンをいち早く取り入れるとともに、開発途上のα版の新アプリケーションを店頭で容易に試行。運用に配慮しながら、次世代店舗の形を検討する。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2018年07月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5