SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

消費税増税対策に最も不安を抱いているのは小売業、しかし対応は進んでおらず/アドビ システムズ調査

 アドビ システムズは、消費税増税に伴い、企業や組織が対応に迫られる各種業務とその対応の実態を明らかにすべく、「消費税増税に伴う業務に関する実態調査」を実施。調査により、消費税増税対策に最も不安を感じている業種は「小売業」で、かつ対応も不十分な状況であることが判明している。また、消費税増税に伴い対応しなければいけない業務は、コンピューターや周辺機器、通信ネットワークといった「情報システム」よりも、契約書や請求書といった「書類」が多いとの結果が出ている。

 調査のトピックは、下記の通り。

増税対策に「不安」は約半数。最も不安を感じているのは「小売業」

 消費税増税に伴う業務対応に不安を感じている人は、47.5%。業種別に見ると「小売業」が65.0%と、全体平均よりも高い数値を記録している。

消費税増税への対応が進んでいるのは、「不動産業」。「小売業」は、不安を感じながらも対策が進んでいない結果に

 消費税増税への対応の進捗については、全体の約3割(34.3%)が「全て対応した/だいたい対応した」と回答。中でも進んでいたのは不動産業の55.3%で、全体平均よりも20%以上の差をつける結果となっている。

 また、不安を感じている「小売業」については、「あまり対応できていない/全く対応できていない」という回答が60.0%となっており、対応は業種によって開きがあることも判明している。

消費税増税に伴い対応が必要な業務の1位は「書類」

 消費税増税に伴い対応が必要な業務を聞いたところ、契約書や請求書などの「書類」と回答した人は全体の61.7%。次いで、「情報システム」を挙げる声が51.8%となっている。業種別に回答を見ると、金融業では「情報システム」、「印刷物」、「書類」、「Webコンテンツ」のすべてにおいて全体平均よりポイントが高く、消費税増税に伴う対応業務の多さがうかがえる。

アドビ システムズ マーケティング本部 バイスプレジデント 秋田夏実氏からのコメント

 消費税増税対策に必要な業務として真っ先に挙げられるのは情報システムの改修だと思われがちですが、今回の調査で申込書や申請書への対応が重要と受け止められていることが明らかになりました。また、小売業では、増税対策に不安を感じるものの対応の遅れが目立っているのは興味深い結果です。政府では軽減税率対策補助金制度を設け、レジ買い替え補助を促していますが、まだ想定の3割しか申請がされておらず(2019年5月28日時点)、ここでも小売業における消費税増税対応の遅れが目立っています。契約書や請求書といった書類はもちろん、印刷物やWebコンテンツなど、増税対応に必要な業務は業種によってさまざまです。書類をデジタル化することでコスト削減と業務効率を向上するDocument Cloudをはじめ、アドビの多岐にわたるソリューションで、あらゆる業種のニーズにこたえるべく今後も努めてまいります。

【調査概要】
調査期間:2019年6月13日~14日
調査方法:インターネット調査
実施対象:全9業種、1,023人
業種別サンプル数:金融 90、建設 86、不動産 47、製造 194、卸売 73、小売 80、運輸・倉庫 87、サービス 236、その他 130
調査地域:全国

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/6938 2019/08/08 12:50

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング