記事種別

越境ECに手ごたえを感じたのは「1年目」が約半数/イーベイ・ジャパン調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2019/04/23 15:00

 イーベイ・ジャパンは、イーベイ・ジャパンの越境EC支援サービスを利用し、世界へ向け越境EC事業を3年以上展開している日本企業111社の担当者111名に、越境ECに関する実態調査を実施。調査結果の概要は、下記のとおり。

越境ECビジネスの担当人員の英語は「基礎会話レベル」が 66.67%

越境ECビジネスを担当する人員の英語のレベルについての質問に対して、66.67%が「基礎会話レベル」と回答。「日常会話レベル」が 19.82%で続き、「ビジネス会話レベル」の11.71%を上回る結果となった。また、越境ECビジネスに手ごたえを感じたのは「1年目」が49.55%であった。さらに、半数以上が1ヵ国だけでなく、複数国で販売を展開していることが明らかになった。

※クリックすると拡大します
※クリックすると拡大します

越境ECサイト出店のきっかけトップは、「日本よりも高い価格で販売できるから」

越境 EC サイトへ出店するようになったきっかけは、「日本よりも高い価格で販売できる」63.06%、「日本では売れない 商品が、海外では売れる」50.45%、「購入者が日本よりも多い」36.04%となった。

販売商品のカテゴリーの上位3つは「おもちゃ・ホビー・ゲーム」23.42%、「ファッション」19.82%、「カメラ関連」15.32%となっており、以下「音楽・レコードなど」が7.21%で続いている。

※クリックすると拡大します
※クリックすると拡大します

越境ECに関する開始当初の課題は「配送リスク」がトップ

越境ECを始めた当初の課題を質問したところ、「配送にかかわるリスク」が60.36%とトップに。次いで「顧客対応」45.05%、「制度や規制に関する情報不足」39.64%、「現地語への対応」31.53%という結果になった。一方で、現在の課題について質問すると、「プロモーション」が36.04%でトップに。次いで「必要な人員の不足」が33.33%と、開始当初とは異なる課題が上位に入った。

【越境ECに関する実態調査 概要】

  • 調査期間:2019年3月13日(水)~3月26日(火)
  • 調査対象:111社111 名 (イーベイ・ジャパンの越境EC支援サービス利用の事業者のうち、越境ECを始めて3年目以上の事業者)
  • 調査方法:インターネット調査


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2015年12月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5