記事種別

凸版印刷ら、アリペイやLINE Payなど複数のQRコード決済を一括導入できるサービスの提供を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2018/10/25 13:10

 凸版印刷と富士通エフ・アイ・ピーは、スマートフォンを活用したQRコード・バーコード決済サービスを小売店舗のPOSレジで同時に複数利用可能にする、決済情報中継サービス「スイッチングゲートウェ」の本格的な提供を開始する。

 本サービスは、AlipayやWechat Payおよび国内のQRコード・バーコード決済サービスを店舗のPOSレジシステムとゲートウェイとして結び、POSレジへの複数導入を短期間、低コストで可能にするものである。凸版印刷と富士通エフ・アイ・ピーが共同で運営する「サーバ管理型プリペイドASPサービス」のシステム基盤を活用し、店舗のPOSレジのシステムと接続することで決済情報(決済電文)を安全に中継する。

 なおスイッチングゲートウェイは、先行して2018年春より阪急阪神百貨店をはじめ、百貨店、ドラッグストアなどの一部店舗で採用されている。

 本サービスの特徴は下記の通り。

複数のQRコード・バーコード決済サービスを同時に導入

Alipay、Wechat Payをはじめ、国内外のさまざまな決済サービスに対応しており、同時に複数のサービスの導入が可能。導入のためのPOSレジシステムの改修も基本的に一度で済み、店頭オペレーションも統一できるため運用負荷の軽減も見込める。さらに今後も接続先の決済サービスを順次拡大する予定。

導入期間の短縮と低コスト化が可能

システム基盤を利用しているサーバ管理型プリペイドASPサービスを店舗のPOSレジシステムと接続して採用している場合、新たな接続のためのシステム改修が削減可能で、短期間でさまざまなQRコードやバーコードを利用したスマートフォン決済を導入することが可能。またサーバ管理型プリペイドASPサービスを未導入の場合でも、通常よりも低いコストで複数の決済サービスを導入することが可能となる。

 また、本サービスでは2018年10月時点で、Alipay、Wechat Pay、Origami Pay、d払い、PayPay、pring、LINE Pay、楽天ペイの8つの種類の決済サービスを導入することができる。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2017年06月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5