記事種別

Kaizen Platform、ユーザーデータ基盤 「Customer Datastore」リリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2018/06/18 16:30

 「Customer Datastore」は、同社が提供しているJavaScriptタグで収集できるサイト上のあらゆるユーザー行動ログと、企業が今まで投資してきた会員基盤やDMPなどのデータを接続し、分析や施策実行へ活用しやすい形で蓄積することできる。特別なシステム開発やIT投資をせずに、データを活かした施策設計を実行することが可能になる。

 この機能は、すでに提供開始している、サイト改善によりCVRやLTV向上を行うマーケティングチームをクラウド上に構築し提供する「KAIZEN TEAM for X」との連携ができる。ユーザーデータの分析から施策実施まで、一貫した改善活動をクラウド上で実施することができる。

 本サービスの特徴は、下記の通り。

データを収集・蓄積する

「Customer Datastore」はCRMやDMPなどのセグメント情報を、サイト上の行動ログに紐付けて収集することができ、分析・施策実行と活用しやすい形で蓄積する。CRM情報などの紐づけは、ウェブサイトにKaizen PlatformのJavaScriptタグを設置することで手軽に行うことができる。

データを可視化する

蓄積したデータから、サイト上の行動ログと会員データやCRMデータと接続した分析することで、1CVの価値を可視化することができる。これにより、LTVを高めるための分析も可能となる。

データを活用し、施策を実行する

ユーザーデータの活用は、会員データと紐づけたユーザーだけでなく、ウェブサイトへ訪れたすべてのユーザーに対して行うことができる。ログイン前でも行動データを活用した施策を行い、ログイン後はより継続的に利用してもらうための施策を実施することで、すべてのユーザーへパーソナライズした顧客体験を提供する。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2014年04月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5