記事種別

楽天と楽天データマーケティング、広告主向けマーケティングツールの提供を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2018/05/21 14:00

 「RMP - For Brands」は、楽天市場を活用したマーケティングにおいて、関連するデータやコンテンツを広告主が一元的に管理することができるマーケティングツールである。

 当初は、楽天市場に企業のブランドサイトを設置できる広告ソリューション「RMP - Brand Gateway」の利用企業を対象とし、Data Analysis機能とBrand Communication機能を提供する。

 Data Analysis機能では、ブランドサイトのアクセス状況や平均閲覧時間などのサイト関連データ、楽天市場での合計売上金額などの売上関連データに加え、性別・年齢・リピート回数など50項目以上のデータをビジュアル化してレポーティングする。

 またBrand Communication機能では、「RMP - Brand Gateway」における製品情報やページデザインなどのコンテンツを利用企業側でリアルタイムに更新、管理することができる。

 さらに2018年夏以降は、広告配信が実施できるPromotion機能、新規顧客の獲得や既存顧客価値の向上を目的としたLead Generation & Nurturing機能を追加する予定。今後は、マーケティング戦略の立案から実行、効果検証、改善に至るまで、PDCAサイクルの全過程に関わる機能を拡充していく。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2014年09月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2020 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5