記事種別

オリックスグループ、自社開発の物流施設を対象に物流ロボットのフリーレントサービスを開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2018/05/16 18:00

 オリックスとオリックス・レンテックは、自社で開発する物流施設に入居するテナントを対象に、物流ロボットを6ヵ月間無償で提供するレンタルサービスを開始する。

 オリックスは2002年から物流施設の開発を手掛けており、東名阪で38物件の開発実績を有する。物流運営に適した立地選定・開発にとどまらず、サプライチェーンやインターネット通販市場などにも対応できるロジスティクスソリューションを提案している。

 今回のフリーレントサービス開始に伴い、オリックスとオリックス・レンテックは、物流業務を支援する自動搬送ロボットを中心に6メーカー、7機種を取り揃え、用途に応じてロボットを選択して利用することを可能にした。

 また両社は、入居スペースの有効利用方法に加えて、ロボットの具体的な活用方法や導入効果シミュレーションなどをパッケージ化した提案なども行っていく。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2014年05月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5