記事種別

スナップマート、自社アプリの人気ユーザーに商品撮影を依頼できるCtoCプラットフォームをリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2018/03/02 15:30

 スナップマートは、スマホ写真売買アプリ「Snapmart(スナップマート)」のトップ0.1%の人気ユーザーより厳選した「Snapmart認定クリエイター」に商品撮影を依頼できる、「ブツ撮りライトβ」のサービス提供を開始した。

 「Snapmart」は、インスタグラムなどのSNSに投稿されているような個人が撮影したスナップ写真を、フリーマーケット感覚で売買できるプラットフォームである。

 今回リリースされた「ブツ撮りライトβ」は、「Snapmart」のトップ0.1%に相当する人気ユーザーで、かつ認定試験に合格したクリエイターに、自社商品や店舗の写真撮影を依頼できるサービスである。SNS映えするテーブルフォトやファッションスナップなどが、1枚3,500円から依頼することが可能(最低オーダーは3枚から)。

 本サービスは、オンラインで撮影オーダーを行い、2、3名のクリエイターからの提案・条件提示を受け、そこから気に入ったクリエイターを選んで仕事を発注するクラウドソーシングスタイルとなっている。オーダーできる要件はある程度規格化されているため、撮影に関する知識がなくても発注することができる。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2014年08月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2018 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5