記事種別

テクノロジー企業成長率ランキング1位は、売上高成長率1,252%の「ココナラ」(トーマツ調査)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/10/19 11:00

 トーマツは、国内テクノロジー企業を対象にした成長率ランキングを発表。個人のスキルを売買するフリーマーケット「ココナラ」が1位となった。

 トーマツが18日発表した、テクノロジー企業成長率ランキング「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 2017年 日本テクノロジー Fast50」は、日本国内のTMT(テクノロジー・メディア・通信)業界の企業を対象に、過去3決算期の収益(売上高)に基づく成長率のランキングだ。

 1位は個人の得意を売買するスキルのフリーマーケット「ココナラ」を運営するココナラで、成長率1,252%を記録した。2位は飲食店向け予約顧客台帳サービスを行うトレタが成長率1,244%、3位には資産運用に関する総合プラットフォームの開発と提供を行うZUUが成長率1,151%をそれぞれ記録し、ランクインした。

 受賞企業の中で、AIを事業に取り入れている企業は19社(ソフトウエア7社、メディア9社、通信3社)に上り、IoT、フィンテックなどと併せてTMT業界のトレンドを体現する企業が多く入賞している。たとえば5位のPKSHA Technologyは、機械学習技術等を利用したアルゴリズムの開発・ライセンス提供を行っている。

 マーケティング・EC関連企業としては、10位アライドアーキテクツ、26位テモナ、29位レントラックス(アフィリエイトサービスプロバイダ)、30位ペットゴー(ペットコマース&ペットデータ事業)、31位オーマイグラスなどが入った。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2016年11月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5