記事種別

KudanとLINE、カメラアプリ「B612」のAR機能を拡充

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/06/20 19:00

 拡張現実(AR)のコア技術であるコンピュータビジョン技術を提供しているKudanは、LINEと業務提携することを発表した。同社の技術により、LINEの自撮りカメラアプリ「B612」の最新機能であるARフィルターを拡充し、より多様なユーザー体験を実現する。

 「B612」は、多彩なフィルターを使用して、自分好みの写真や動画を撮影することができるカメラアプリ。2014年8月にサービスが開始され、世界累計ダウンロード数は3億件を越えるなど、多くのユーザーに利用されている。その機能の1つであるARフィルターは、カメラ越しに見える風景を一味違った写真や動画に加工できるのが特徴だ。

 Kudanは、独自開発のVisual SLAM(Simultaneous Localization And Mapping)技術を中心に、AR/MR/VR、IoT、ロボティクス向けに空間認識技術を提供している。Visual SLAM技術は、カメラの2次元の画像のみを用いて、デバイスの位置の認識と周囲の環境地図の作成を素早く高精度に行うことができる。また同技術は、iOSやAndroidに対してクロスプラットフォームで、かつ専用デバイスに依存しない。

 カメラアプリにおけるAR機能の拡充が益々期待される中、KudanはLINEと共に、次世代のモバイルアプリケーションの提供を目指すとした。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2016年08月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5