記事種別

EC支援者として「再配達増加」に当事者意識 Bigmacなど、個人宅配物の会社受取り奨励制度を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2017/03/10 16:00

 マーケティングコンサルタント業を行うBigmacは、運送業界の再配達問題の解決に向け、 2017年3月より個人宅配物の会社受取り奨励制度を開始。同業界の企業にも参加を呼びかけ、 賛同企業複数社でこの制度を推進していくと発表した。

 Bigmacでは、 再配達増加という社会的課題について、インターネットマーケティング企業は、顧客のインターネット通販の売上拡大を目指していく立場にあることから、当事者意識をもって取り組むべきだと認識。

 再配達問題が起こる要因として、勤務中に自宅に荷物が配達されてしまうというケースが多数を占めると考察。そこで、Bigmacと賛同企業は、個人宅配物の会社での受け取りを推奨する運動を開始した。

 個人宅配物の会社受け取りがもたらす効果として、「再配達件数を押し下げる」「受け取りの幅が増えたことで、ユーザーの通販サイトの利用活発化」というふたつの効果があると考えている。

 2017年3月7日現在での賛同企業は、アナグラム、ヴァンテージマネジメント、 シンフィールド、THECOO、TATEITO、Bigmac、アクシス、 カルテットコミュニケーションズ、AZ、 Shift、アンダスっとなっている。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

2016年01月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5