SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Summer

2022年6月8日(水)10:00~16:50

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

LINE、プリペイドカード「LINE Pay カード」と「LINE ポイント」をスタート

店舗でも利用できるプリペイドカード「LINE Pay カード」

 LINE PayはJCBと協業し、LINE Payの残高をJCB加盟店での支払いに利用できるプリペイドカード「LINE Pay カード」の発行を開始した。クレジットカードと異なり、申込時の与信審査や年齢制限がなく、LINEユーザーは、LINEアプリ内にあるLINE Payのホーム画面から簡単に申込みができる(入会金・年会費無料)。

 利用特典として利用金額の2%分(100円につき2ポイント)の「LINE ポイント」が貯まる。ポイントは1000ポイント以上で、自身のLINE Pay残高に電子マネーとして交換することもできる。LINEの発表によると、3月24日にサービスを開始した「LINE Pay カード」の申込み件数が受付開始から3日間(72時間)で10万枚を突破した。

LINEの各種サービスで使える「LINE ポイント」

 3月24日にスタートした「LINE ポイント」は、LINEプラットフォームの中でお得に貯めて使えるポイントサービス。日々の買い物やネットの各種サービスの支払いなどで、ポイント(100円につき2ポイント)を貯めることができる。4月25日からは「LINEフリーコイン」がLINEポイントに統合され、LINEアプリ内のサービスでもLINEポイントが付与される。

 貯まったポイントは、1ポイント=1円として、LINE STOREやLINE FRIENDS 公式オンラインショップでの買い物代金として利用可能。1000ポイント以上で自身のLINE Pay残高に電子マネーとして交換することができ、LINE Pay加盟店でのショッピングへの利用や、ユーザー間の送金、指定の銀行口座への出金も可能となる。この夏には、外部企業のポイントプログラムや特典への交換開始を予定している。

「LINE Pay」チャージ・決済で提携先を拡大

 子会社LINE Payが展開する「LINE Pay」は、LINEを通じてユーザー間での送金や提携サービス・店舗での決済を行うことができるモバイル送金・決済サービス。今回、チャージ(入金)の利便性を高めるため、都市銀行5行をはじめ、全国各地の地方銀行、インターネット銀行へと連携を拡大する。連携済みである、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行に加えて、今後連携される銀行は、横浜銀行、滋賀銀行、伊予銀行、百五銀行、十六銀行。

 3月24日からはオートチャージ機能もスタート。銀行口座を連携させているユーザー限定で、LINE Pay残高が一定額を下回るとユーザーが設定した額が自動的にチャージされる。また、ジャパンネット銀行と提携し、国内の主な金融機関からの銀行振込でチャージができる「チャージ専用口座」を開始した。

決済の提携先の拡大

 LINE Payはオンラインとオフラインで導入加盟店の拡大を進めている。新規のオンライン加盟店は、サイバーエージェント(Ameba)、ドワンゴ(niconico)、NHN comico(ハンゲーム)、上新電機(Joshinネットショッピング)、スクー(schoo)、ZITTO(いつでも書店)、ライオンズフィルム(オンラインゲーム)、ピーシーエヌ(TeAmo)、ISAO(ムービーフルplus)、メディアドゥ(コミなび)、ドゥ・ハウス(モラタメ.net)、集英社(ハピプラ FLAG SHOP)、パピレス(Renta!)が発表された。

 オフライン加盟店では、バーコード決済(スマートフォン画面上のLINE Payで表示されるバーコードを読み込むだけで完了する決済方法)への対応をスタート。リクルートライフスタイル、ベリトランスが展開する「モバイル決済 for Airレジ」への対応を4月に開始し、「モバイル決済 for Airレジ」導入店舗において、LINE Payを通じたバーコード決済が可能になる。

 また、ECサイトでのインターネット決済の利用可能店舗を拡大するため、決済代行会社であるソフトバンク・ペイメント・サービス、SMBC GMO PAYMENTとの提携で合意した。

 

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/2936 2016/03/29 14:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年6月8日(水)10:00~16:50

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング