記事種別

LINEがライブ配信プラットフォーム「LINE LIVE」公開、モバイル成熟期におけるエンタメとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る
2015/12/11 09:00

LINEが「リアルタイム」の楽しさを再定義

 LINEは、2014年2月から、タレント・アーティストなどの著名人や企業の公式アカウントを通じてライブ映像を配信する機能「LINE LIVE CAST」を展開。2015年5月に配信した「しょこたん♡でんぱ組 生放送」では230万以上のコメントを、同10月に配信した「めざましテレビPRESENTS T-SPOOK」では510万人以上の視聴者数を記録するなど好評を得ていた。

 こうした成功を踏まえて、機能やコンテンツのラインナップを大幅に拡充した「LINE LIVE(ラインライブ)」として提供を開始した。

 「LIVE」は、コミュニケーションアプリ「LINE」の保有する国内5,800万人のスマートフォンユーザー基盤と高いアクティブ率、プッシュ通知機能の仕組みを活かしたライブ配信プラットフォーム。コンセプトは“LIVE is Real” 。100名を超えるアーティスト・タレントが公式パーソナルライブの配信を予定しているほか、「東京ガールズコレクション」や「原宿駅前ステージ」などイベントや劇場の様子も配信する。2016年早々には、一般個人による配信も可能になる予定だ。

 さまざまな主体によるライブ配信形式の映像・番組を、「LIVE」公式アカウント(LINE ID:@linelivecast、登録者数:約1,000万人)やタレント・アーティスト・企業の公式アカウント、スマートフォンアプリ、Webブラウザなどを通じて配信し、「LINE」のプッシュ通知機能によりその場で集客し、配信者と視聴者が直接コミュニケーションできる機会を提供する。

成熟したアプリ市場に向けて

 LINEでは、スマートフォンの普及拡大およびアプリ市場の成熟化に伴い、「LINE」のユーザー基盤と高いアクティブ率を土台に、あらゆる人や情報・サービスを「アカウント」を軸として繋げていくプラットフォーム戦略を推進。今回、ライブ映像配信機能を追加することにより、スマートフォンならではのリアルタイム性を活かした、よりリッチなユーザー体験を提供するプラットフォームを目指す。

 エンターテインメント領域においては、アーティスト・タレント・モデルなど現在約600名が公式アカウントを開設。著名人向けブログサービス「LINE BLOG」、定額制音楽配信サービス「LINE MUSIC」に加え、今回開始する「LIVE」を通じ、アカウント内での映像配信や広告、物販、プロモーションなどの仕組みを強化。「アーティストバリューチェーン」としての取り組みを推進する。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • プッシュ通知を受け取る

関連リンク


2019年09月の人気記事ランキング

All contents copyright © 2013-2019 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5