SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

越境ECブーム!企業の販売の「場」として、ebayに注目集まる

 2015年5月13日、東京ビッグサイトで開催された「通販ソリューション展」の初日に、イーベイ・ジャパン事業本部長 佐藤丈彦さんは、「国内販売から海外販売へ~なぜ今越境ECをはじめるチャンスなのか~」と題し、講演を行った。聴講者は約400人。来場者の多い展示会だが、越境EC、そしてイーベイへの注目度がうかがえる数字だ。

ebayの現状

購入者 1.57億人(2015年第1四半期)
販売者 2,500万人(2014年第4四半期)
商品数 常時8億品が出品(2014年第4四半期)
取引高 約9.8兆円(2014年、1USD=118円で計算)

 オークションのイメージが強い同社だが、8億に上る商品数の8割が固定価格で出品されており、企業の参入も増えている。そもそも、日本法人のイーベイ・ジャパンは、法人企業の販売支援をメインの事業としている。

 先行企業は、すでにebayを使い、海外で売れる手応えをつかんでいるようだ。今年4月に、ブランド品宅配買取サービス「ブランディア」が、eBay出品を自動化するシステムを自社で開発したと発表(記事)。毎月約100点のブランド品を出品し 1,000万円規模の販売を行ってきたが、ジャンルを拡大し、出品商品数を10倍にするそう。拡大路線は、実績が出ているからに他ならない。

販売企業と実績例

  中古ブランド品 日本製ゴルフ用品 日本アンティーク 中古ブランド

ebay売上高

年商 約8.5億円 年商 約1億円 月商 1,200万円 月商 800万円
ebay歴 1.5年 8年 1年未満 1年未満
出品数
  • 30,000点(US)
  • 300点(AU)
  • 3,000点(US)
  • 300点(AU)
  • 200点(UK)
25,000点 500点

ebay担当スタッフ

20名 1名 2名 3名

 ちなみに、日本から販売して売れている商品には以下のジャンルとのこと(現在、ebayでは、食品やアルコール等は販売できない)。

  • 中古ブランド品
  • 中古時計
  • カメラ関連
  • アニメグッズ
  • おもちゃ
  • ゲーム
  • 車・バイクパーツ
  • スポーツグッズ

 ebayの出品に可能性を感じる事業者は少なくないだろうが、そのハードルはそう低くはない。アカウントの出品にはPayPalへの登録が必要であったり、法人向けの機能の使い勝手はまだ改善の余地がある。それでも、「日本でECに出品されている法人、個人の方、すべてを取り込みたい」と佐藤さんは言う。

 海外に強いこと、CtoCで集まったユーザー数は大きな武器だが、ヤフオク!とYahoo!ショッピングの連携を見ていると、BtoCの場として成功するかは未知数だ。

イーベイ・ジャパン事業本部長 佐藤丈彦さん

 今後は、セミナー等を中心に法人の販売者にPRしていくとのこと。ECzineでも成功事例をお届けしたいところだが、先に飛び込み、自ら成功事例となるEC事業者の登場をまず期待したい。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/1873 2015/05/14 16:04

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング