SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

BookLive、クリエイターとファンがつながる推し活拠点を東急プラザ原宿「ハラカド」内にオープン

 BookLiveは、クリエイター・作品とファンがつながる新たな「推し活」拠点として、同社初のリアル店舗となる「OSHI BASE Harajuku」を、2024年4月17日に開業予定の商業施設「ハラカド」内にオープンする。

東急プラザ原宿「ハラカド」イメージ図
東急プラザ原宿「ハラカド」イメージ図

 従来、同社は総合電子書籍ストア「ブックライブ」や、クリエイター向けポートフォリオサービス「Xfolio(クロスフォリオ)」といったウェブサービスを通じて、作家・クリエイターから預かった作品を主に「デジタルコンテンツ」として発信するかたちで、エンターテインメントを提供してきた。

 一方、クリエイターもファンも、デジタルとフィジカルの長所を巧みに使い分け、分け隔てなくエンターテインメントを楽しみライフスタイルに取り込んでいく傾向に進化をし続けている。「推し活」というムーブメントの高まりにも見られるように、推し方の形態は多彩化しており、作家・クリエイターとファンの関係性も、エンターテインメントを「提供する側」と「提供される側」ではなく、お互いに支え合う関係へと変化しているという。

 そこで同社は、新たにフィジカルなプラットフォームの提供を目指し、「OSHI BASE Harajuku」を出店。クリエイターとファンが作品や空間を通してつながり交流できる場、クリエイターが既存の枠組みを超えて表現できる場、ファンがより深く「推し」の世界に没頭できる場として運営する。

 「OSHI BASE Harajuku」では、様々なマンガ・アニメ・キャラクター関連グッズを販売するほか、イベント・ギャラリースペースではライブドローイングなどのイベント、作品展示、キャラクターグリーティングの開催を予定しており、エンターテインメント提供のかたちの拡張を目指すとしている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/14228 2024/02/13 09:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング