SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

MGReとfutureshopが業務提携 ECサイトと連携するアプリの制作・運用が可能に

 メグリは、同社が提供するアプリの開発から運用、マーケティングまでワンストップで支援するアプリマーケティングプラットフォーム「MGRe(メグリ)」が、フューチャーショップが提供するSaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」と業務提携したことを発表した。

 同提携により、MGReをOEM展開したサービス「future M-App」をフューチャーショップ社よりサービスリリース予定とのこと。「futureshop」または「futureshop omni-channel」(以下、futureshop)を利用するEC事業者は、ECサイトとシームレスにつながるアプリを制作・運用することが可能となる。

業務提携内容について

MGReのOEM提供

 MGReはアプリ開発から運用、分析までワンストップで支援するアプリマーケティングプラットフォーム。アプリからECサイトへ遷移する際に、毎回、ID/PASSの入力を求められることなく、スムーズなECサイトの閲覧を実現する「自動ログイン」機能などを搭載している。

 同プラットフォームをOEM提供し、futureshopを利用するEC事業者向けに、ECサイトとシームレスにつながるアプリを制作・運用できるサービス future M-Appをフューチャーショップよりオプションサービスとしてリリースする。

future M-Appの主な機能・特徴

アプリとECサイト間の「自動ログイン」機能でCVRアップ

 アプリからECサイトへ遷移する際に、毎回、ID/PASSの入力を求められることなく、スムーズなECサイトの閲覧を実現。これにより、ECサイト遷移時の離脱を減らし、アプリからECサイトへのCVR、EC売上アップにつなげる。

ECサイトに貯まった顧客情報を、アプリでそのまま利用できる

 ECサイトの顧客情報をもとに、ユーザーのアプリ内の行動分析が可能に。ECサイトとアプリ間で顧客情報を共有することで、会員IDやプロフィール、購買履歴などの切り口からセグメント配信も実施できる。顧客の状況に合わせて、プッシュ通知やクーポン配布などの施策も展開可能となっている。

ポイントシステムや会員証にアプリが連携し、より快適な購買体験へ

 future M-Appは、futureshop omni-channelなどで統合された顧客データと連携することで、共通化されたポイントシステムや会員ステージの機能をそのままアプリで活用できる仕様となっている。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/14225 2024/02/13 06:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング