SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2024 Spring

2024年3月14日(木)10:00~16:20(予定)

ECzineニュース

アサヒ、「ニッカ弘前 生シードル」シリーズのアップサイクル商品2種をAmazonでテスト販売

 アサヒビールは、栽培過程で摘果された熟す前のリンゴを使用して醸造した「ニッカ弘前 生シードル グリーンシードル」と、リンゴ粕を表面のラベルと包装箱に使用した「ニッカ弘前 生シードル りんごラベル」をAmazon.co.jpでテスト販売する。

 「ニッカ弘前 生シードル グリーンシードル」は2023年10月24日から、「ニッカ弘前 生シードル りんごラベル」は同年11月14日から発売される予定。テスト販売を通じて、ユーザーの声や環境価値商品のニーズを把握し、今後の商品開発に生かしていくとしている。

「ニッカ弘前 生シードル グリーンシードル」

 「ニッカ弘前 生シードル グリーンシードル」は、リンゴの栽培過程で摘み取られる熟す前のリンゴを使用して醸造したスパークリングワイン。甘みが少なく、ポリフェノールが多く含まれる熟す前のリンゴで作られるため、甘すぎないほのかな酸味・渋みと爽やかな香りを楽しめる。

 リンゴ栽培では、大きく、おいしいリンゴを作るために、1本の木にできる実の約9割を熟す前に摘み取られる。摘み取られるリンゴの一部をアップサイクルすることで、食品廃棄ロスの削減やリンゴ農家の支援。赤く色づく前のリンゴを使用した商品であるため「グリーンシードル」と名付け、パッケージの中心に熟成前のリンゴの大きなイラストを配することで、商品の特徴をわかりやすく訴求している。

「ニッカ弘前 生シードル りんごラベル」

 「ニッカ弘前 生シードル りんごラベル」は、リンゴを搾汁した後に発生し、通常は廃棄されるリンゴ粕を表面のラベルと包装箱に使用した商品。本商品の原材料の調達から廃棄までの過程で排出される1セットあたり5.5kgのCO2を、リンゴ粕のアップサイクルに加え、「幸せの青い森プロジェクト」のクレジットを購入し、カーボン・オフセットすることで、ライフサイクル全体でカーボンニュートラルを実現した。リンゴ粕を使用していることを訴求するために「りんごラベル」と名付け、パッケージに「PLANS TO ACHIEVE CARBON NEUTRALITY(カーボンニュートラル達成への計画)」の文字を記載。同商品は3種詰合せセットとして販売されるとのこと。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/13672 2023/10/19 06:00

Special Contents

AD

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング