SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。 ※諸般の事情により、2023年春号(vol.24)をもって休刊となります。

季刊ECzine

2022年冬号(vol.23)
特集「Social merges with OMO~垣根なきコマースを実現する発想とテクノロジー~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

デイトナの自社オンラインストアがモール化してリニューアル 最新画像検索AI機能搭載やデザイン刷新

 デイトナ・インターナショナルは、⾃社オンラインストア「FREAK'S STORE ONLINE SHOP」のコンセプトとデザインを全⾯リニューアルした。

 「あらゆるひとが思い思いに楽しみながら、新たな好きに出会い、つながるコミュニティ」をコンセプトに、特定ブランドのカラーに偏らずシンプルでスタイリッシュなデザインでモール化した「Daytona Park(デイトナパーク)」を新たにローンチ。

 モール化により、オンラインとオフラインの互いをシームレスにつなげることで、新たな体験価値をユーザーに提供するほか、社外ブランドも含めて店舗とオンラインストアの両方に出店ができるOMOプラットフォームとなった。2023年6月にはWEB3.0×OMO×コマースを目指した進化版のOMOプラットフォーム2.0をローンチ予定だという。

 店舗では2022年3月、OMOのモデル店舗として「オリジナルインタラクティブミラー」をFREAK'S STORE名古屋PARCO店に導入。

 そして今回はオンラインの体験価値向上として、FREAK'S STORE以外のアパレルブランドやホールセール事業の取り扱いブランド、新規取り扱いブランドをすべて内包したモール化を実施した。

探しやすさ、使いやすさを改善した、サイトデザイン

 「Daytona Park」の特徴として最新の画像検索AI機能や、これまでになかった機能軸の追加によりさまざまな検索が可能に。サイトデザインも「わかりやすい、使いやすい」とキーワードにユーザーフレンドリーなデザインに生まれ変わった。

画像検索

 ユーザーの手元にある写真から検索、類似商品を探すことが可能に。これによりSNSなどで見かけて気になったアイテムの類似商品を容易に探すことができる。

サステナブルアイテムの検索

 従来の属性やキーワード検索だけでなく、サステナブルに対する取り組みを示す「サステナブルアイテム」を新たにカテゴリーへ追加。「エコマーク」「エシカルマーク」の独自アイコンを商品ページへ掲出し、その商品がどのような素材でつくられたのか、どのような取り組みのなかで生まれたのか、判断することができるようになった。

 同社はサステナブルアクションのスローガン「みんなと生きる、豊かな未来へ」の取り組みの一環として、商品1つひとつのデザインやスタイリング提案だけでなく、環境に配慮した取り組みや責任ある行動のもとつくられたストーリーを、ユーザーへわかりやすく伝えることで、責任ある消費行動に参加できるきっかけづくりを提案していく。今後は商品の下げ札にも同様のマークを印字し、店舗でもユーザー自身が確認できる仕様変更の導入を目指しているとのこと。

スマートフォン版にボトムメニューを設置

 たくさん使ってもらいたい便利な機能をピックアップし、操作しやすいボトムナビゲーションを配置。これによりスタイリングスナップや検索機能、お気に入り機能などへすぐにアクセスできるようになった。

ブランドごとの世界観が伝わる「ショップトップページ」を新設

 ブランドごとに専用ページを設置し、ブランドビジュアル、トピックスやイベント情報、新着商品、スタイリングなどをひとつのページにまとめた。これにより、ユーザーの気になるブランド情報をまとめてダイレクトに閲覧することが可能となった。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/12093 2022/12/01 06:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング