SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年夏号(vol.21)
特集「Roads to 2025 ~ブランドを進化させるテクノロジーと顧客交流~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

「dfplus.io」が「データ結合機能」開始 アイテム付随データと商品データをツール上で結合可能に

 フィードフォースが提供するマーケターのためのデータフィード管理ツール「dfplus.io」が、「データ結合機能」をリリースした。これにより、「レビュー」「お気に入り数」「ランキング」などのデータが、商品データとファイルと別で管理されている場合でも、dfplus.io上でデータを結合することができるようになった。

 Criteo、Google、Facebookなどをはじめとしたダイナミック広告では、アイテムに付随する情報をクリエイティブや媒体の機械学習に取り入れることで、広告成果の向上が期待できる。

 「レビュー」「お気に入り数」「ランキング」「広告成果」などの情報を広告に取り入れたいと思ったとき、商品データとファイルが別で管理されている場合は、データ同士を結合した上で、データフィードを作成する必要がある。これまでは、データを結合する処理をシステム改修で対応するケースが多かったが、システム改修に必要なリソース、費用、時間が難点だった。

 今回の機能リリースにより、データを結合する処理がdfplus.io上で容易に行えるように。システム改修よりも、ローコストかつ手軽に情報を広告に活用することができるという。

 同機能の想定される活用ケースは、次のとおり。

ECサイト

商品に寄せられたレビューのデータを結合。スターレイティングやレビュー件数を追加することで、訴求力の向上を狙う。

求人サイト

求人が「お気に入り」された件数のデータを結合。広告に「お気に入り数◯件」と表示させることで、CTR向上を狙う。

不動産サイト

物件の人気ランキングのデータを結合。広告に「□□区の人気ランキング△位」と表示させることで、CTR向上を狙う。

全業界共通

広告管理画面や第三者計測ツールから得られる成果のデータを結合。費用対効果が良いアイテムをグルーピングして入札を強めたり、逆に費用対効果の悪いアイテムの入札を弱めるなどして、配信の最適化を図る。

 また、これまで、ひとつの商品データに含まれている情報だけでは広告媒体の仕様に沿ったデータフィードが作成できず、複数の商品データを結合する必要があるケースも同様に、システム改修などの対応が必要だった。

 しかし、そういったケースでも、今回リリースされた同機能を使うことにより、dfplus.ioでデータフィードを作成できるようになった。

「データ結合機能」利用方法

 結合したいデータを「補助マスターデータ」として取り込むことで、ツール上で結合することができる。

 「補助マスターデータ」を取り込むためには、プランの変更が必要。ヘッダーの「利用状況」内のプラン部分のボタンか、ユーザーメニュー内の「プランを変更」を選択する。「容量追加」から追加する「補助マスターデータ」の数を選択し、申し込みを行うことで、同機能が利用可能になる。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/11385 2022/05/30 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング