SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

12月13日-14日にアーカイブ配信決定!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2023 Spring

2023年3月16日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

ユミルリンク、認証サービス「Cuenote Auth」開始 SMS・IVRによる認証プロセスを提供

 メッセージングプラットフォーム「Cuenote(キューノート)」を提供するユミルリンクは、認証サービス「Cuenote Auth(キューノート オース)」を提供開始した。

 ユミルリンクが提供するメッセージングプラットフォーム「Cuenote」シリーズは、メール・SMS(ショートメッセージ)配信サービスを主軸としたクラウドサービス(ASP/SaaS)。今回提供を開始する「Cuenote Auth」では、認証コードの自動生成、SMS・IVR(音声自動応答)を活用した認証をAPIで提供し、本人認証の仕組みを容易かつ短期間で導入できるのを特徴としている。

 EC(電子商取引)をはじめとしたウェブサービスの普及にともない、なりすましや不正アクセスによる被害が多発しており、セキュリティ強化のため、ID・パスワード以外の要素を認証に用いる「二要素認証」の普及が進んでいる。しかしながら、認証プロセスに係るシステム開発やトークンアプリ・デバイスの整備のために費用や手間がかかることがネックとなることも少なくないのが現状となっている。

 Cuenote Authは、ユミルリンクが培ってきた「メッセージングテクノロジー」と「国内キャリア直収の高品質なSMS」を活かし、認証に係るプロセスをワンストップで提供することで、多くの企業・団体が容易かつ短期間で導入できる認証サービスとして設計された。今回のリリースではSMS・IVRによる認証をサポートするが、今後、メールなどほかの認証手段についても順次提供を行い、対応チャネルを拡充していくという。

 同サービスの特徴は、次のとおり。

認証プロセスに必要な認証コードの生成、認証処理などを提供し、開発工数を低減

 同サービスのAPIにリクエストするだけで、「認証コードの生成」、「SMS・IVRによる認証コードの通知」、「認証画面の表示及び認証処理」、「認証結果の取得」など、一連のプロセスを実行させることが可能。また、APIはRESTful形式(APIの種類のひとつで、「REST(レスト)」と呼ばれる設計原則に従って策定されたもの)を採用しているため、容易に連携が可能。導入における開発工数が低減できる。

SMSが受信できないユーザー宛てにIVRによる認証をサポート

 オプションのIVR連携機能を利用することで、SMSの受信をサポートしない電話番号(固定電話回線)へ音声発信により認証コードを通知することができる。認証に利用する電話番号を同サービス側で判定し、IVRによる音声通知に自動で切り替わるため、幅広いユーザー・端末における本人認証をサポートする。

認証済みの端末は一定期間「再認証不要」とでき、コストの抑制が可能

 最後に認証を行ってから一定期間は同一端末からの再度の認証手続(認証コードの発行~ユーザーでの番号入力)を不要とすることができる。認証コードの通知に利用するSMSやIVRは、送信数に応じてコストが掛かるが、一定の期間「再認証不要」とすることで、ユーザービリティを低下させることなくコストを抑えることができるとのこと。

  • 提供形態:クラウドサービス(ASP・SaaS)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/11381 2022/05/23 13:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング