SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

お申し込み受付中!

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 Winter

2022年12月1日(木)10:00~16:10(予定)

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年秋号(vol.22)
特集「Above and Beyond expectations!!〜期待以上の体験を提供するテクノロジーとブランド〜」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

「楽天ラクマ」、アパレル事業者と連携しブランドのアウトレット品やセール品を販売する公式ショップを開始

 楽天グループは、運営するフリマアプリ「楽天ラクマ」において、日本を代表するアパレル事業者11社と連携し、52ブランドのアウトレット品やセール品を販売する「ラクマ公式ショップ ブランド公式(アウトレット・SALE)」を提供開始した。

 同サービスは、アパレルブランドの事業者が「楽天ラクマ」へ公式に出店し、アウトレット品・セール品を販売することができるサービス。同社は、一次流通の在庫の循環を促進させる役割としてアパレル事業者と連携し、生産された商品をくまなくユーザーに届けることを目的に、今回同社が運営するファッション通販サイト「Rakuten Fashion」の出店ブランドの商品を、本年4月から提供開始した国内のリユース業者や並行輸入業者が出店する「ラクマ公式ショップ」の新セクションのなかで、多数取り扱う。

 「楽天ラクマ」ユーザーは、商品を検索した際に、個人のユーザーが出品される商品と、リユース事業者が出品される商品などに加え、同サービスにより一次流通のアウトレット・セール商品も閲覧することが可能となり、より幅広い商品群から買い物をお得に楽しむことができる。同社は、同サービスを通じて、二次流通や応援消費を軸にした循環型社会へ貢献し、新たなECプラットフォームの実現に向け、在庫の循環およびサーキュレーション市場の活性化を目指す考え。

 アパレルウェブが2020年7月に「楽天ラクマ」ユーザーを対象に実施した「ファッション二次流通(フリマアプリ)に対する意識調査」において、「フリマアプリで初めて知ったブランドがあるか」とたずねたところ、「ある」と回答した人が約半数(47.5%)となった。同調査結果により、フリマアプリが、ブランドとユーザーをつなぐプラットフォームとしての役割を担っていることがわかった。同社は、同サービスの取り組みを通じて、ブランドとユーザーの新たな架け橋となるべく、同サービスの開始を決定した。

 同社は今後も、個人や事業者が参加する取引を通じて、循環型社会の実現に貢献するとともに、ユーザーに利便性や付加価値の高いサービスを提供すべく、同サービスの新たなECプラットフォームの構築に努めていくとのこと。

サービス概要

 「ラクマ公式ショップ ブランド公式(アウトレット・SALE)」は、アパレルブランドの事業者が「楽天ラクマ」へ公式に出店し、アウトレット品・セール品を販売することができるサービス。

 「ラクマ公式ショップ」は、2022年4月5日より本格提供を開始した、「楽天ラクマ」のサービス。今回提供を開始した「ブランド公式(アウトレット・SALE)」のほかに、古着、中古ブランド品、中古スマートフォン端末・タブレット端末などを取り扱う「リユース」、国内の事業者が取り扱う海外からの買い付け商品を販売する「海外輸入」がある。

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/11350 2022/05/17 15:18

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング