SHOEISHA iD

※旧SEメンバーシップ会員の方は、同じ登録情報(メールアドレス&パスワード)でログインいただけます

ECzine Academy(イーシージン・アカデミー)とは、自社ECのプロフェッショナルの育成を支援する講座の総称です。ECzine編集部が企画し、基本となる「2日でわかるEC構築・運営基礎講座」ほか、その時々のトレンドをいち早く学んでいただけるようテーマ別講座をご用意しています。

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

  • 前回のECzine Dayのセッションの様子をレポート記事でお読みいただけます。

  • 過去開催時のイベントテーマをまとめてご覧いただけます。

最新イベントはこちら!

ECzine Day 2022 August

2022年8月30日(火)10:00~16:10

「季刊ECzine」とは、年に4回、EC業界の重要ポイントだけをまとめてお届けする紙の雑誌です。ECの最新トレンドを取り上げた「特集記事」のほか、重要なトピックスに関する知識を上書き保存する「定点観測」、EC業界のニュースや記事を振り返るコーナーなど、自社のECビジネスを俯瞰していただく際のヒントになる内容が満載です。

季刊ECzine

2022年春号(vol.20)
特集「Refine CX ~EC起点のデータで創る次世代コマース体験~」

「季刊ECzine」購読者なら
誌面がウェブでも読めます

ECzineニュース

生活に取り入れたいサステナビリティ「長く使えるアイテムの購入」4割超/楽天ラクマ・ブランディア調査

 楽天「ラクマ」と「ブランディア」は、両サービスのユーザーを対象にファッションのサステナビリティに関する意識を明らかにする目的で2回目となる共同調査を実施した。

「サステナビリティ」の認知率が約8割、昨年5月から15.2ポイント増加

 「サステナビリティ」の認知について質問したところ、約8割(85.1%)が「意味を知っている」(60.4%)、「聞いたことはあるが意味は知らない」(24.7%)と回答。昨年5月に実施した際の69.9%から15.2ポイント増加した。

 「サステナビリティ」の認知率グラフ
クリックすると拡大します

ファッションアイテムを購入する際に最も意識しているのは「デザイン」が約7割

「ファッションアイテムを購入する際に意識している点」について質問したところ、「デザインが良いか」(71.4%)が最多となり、次いで「価格が適正か」(65.9%)、「信頼できるブランドか」(44.2%)となった。

 サステナブルな視点では「環境に配慮した材料か」(17.8%)が4番目に、「生産過程がフェアトレードに基づいていいるか」(9.2%)が6番目となった。

ファッションアイテムを購入する際に意識している点のグラフ

ファッション業界のサステナビリティに関する課題は「大量廃棄の問題」が約7割

  「ファッション業界のサステナビリティに関する課題」について知っていることを質問したところ、「大量廃棄の問題」(71.6%)が最多となり、次いで「生産過程における環境汚染の問題」(45.0%)、「労働環境の問題」(41.1%)という結果に。

ファッション業界のサステナビリティに関する課題のグラフ

自分の生活に取り入れたいサステナビリティは「長く使えるアイテムの購入」が4割超

 「ファッションにおけるサステナビリティについて自分の生活に取り入れたいこと」について質問をしたところ、「長く使えるアイテムの購入」(46.4%)が最多となり、次いで「購入や不用になったときの処分でリユースの活用」(37.9%)、「特にない」(8.9%)という結果となった。

ファッションにおけるサステナビリティについて自分の生活に取り入れたいことグラフ

サステナビリティを生活に取り入れない理由は既に「節約などを意識」が約4割

 前問での質問で「特にない」(8.9%)と回答した92名を対象に、「その理由」を質問したところ、「節約等を意識して、無駄な消費をしていないため」(39.1%)が最多となり、次いで「取り組むべき背景がわからないため」(29.3%)、「自分一人の行動では変わらないため」(28.3%)という結果となった。

サステナビリティを生活に取り入れない理由

処分方法、「大量に処分したい場合」は「宅配買取」、「高く売りたい場合」は「フリマアプリ」が最多に

 「不用になったファッションアイテムについて、目的ごとの処分方法」を質問したところ、「大量に処分したい場合」では、「宅配買取」(21.9%)が、「適切な評価をしてほしい場合」では「フリマアプリ」(35.2%)。

 「早く処分したい場合」では「リユースショップ」(30.3%)が、「高く売りたい場合」では「フリマアプリ」(41.4%)が各目的における最多となり、処分方法が使い分けされていることがわかった。

不用になったファッションアイテムについて、目的ごとの処分方法のグラフ

サステナビリティに関する意識調査

  • 期間: 2022年1月14日(金)〜1月19日(水)
  • 調査対象: 楽天「ラクマ」ユーザー、「ブランディア」ユーザー
  • 調査方法: オンラインによるアンケート
  • 調査サンプル数: 1,038件(内訳:楽天「ラクマ」538件、「ブランディア」500件)

この記事は参考になりましたか?

  • Facebook
  • Twitter
  • Pocket
  • note
関連リンク
この記事の著者

ECzine編集部(イーシージンヘンシュウブ)

ECZine編集部です。ネットショップ運営に役立つ情報をお届けします。

※プロフィールは、執筆時点、または直近の記事の寄稿時点での内容です

この記事をシェア

ECzine(イーシージン)
https://eczine.jp/news/detail/11042 2022/02/18 08:00

Special Contents

PR

おすすめ

アクセスランキング

アクセスランキング

イベント

ECzine Day(イーシージン・デイ)とは、ECzineが主催するカンファレンス型のイベントです。変化の激しいEC業界、この日にリアルな場にお越しいただくことで、トレンドやトピックスを効率的に短時間で網羅する機会としていただければ幸いです。

2022年8月30日(火)10:00~16:10

新規会員登録無料のご案内

  • ・全ての過去記事が閲覧できます
  • ・会員限定メルマガを受信できます

メールバックナンバー

アクセスランキング

アクセスランキング